目の前で映像を出力!ソニーの超短焦点小型プロジェクターが欲しすぎる!

Sony LSPX-P1
数日前から話題になっているソニーの超短焦点小型プロジェクターを知っているだろうか。壁や床、テーブルにも投影できる「LSPX-P1」がいよいよ2月13日に発売される。価格はオープン価格としているが、ソニーオンラインストアでは税抜92,500円と案内されている。

「LSPX-P1」は空間そのものを活用して新しい体験を創出するコンセプト「Life Space UX」の商品群の1つとして登場。本体幅約8センチの小型サイズながら、約2時間連続使用できるバッテリーとスピーカーを内蔵している。

今の僕の人生においてプロジェクターを必要とするタイミングは全く無いが、それでも「LSPX-P1」はものすごく気になる!ハッキリ言って欲しい!

続きに「LSPX-P1」の魅力をまとめたので、参考にどうぞ!


壁にも床にも机にも出力可能!最大80インチまで可

今まで生きてきてプロジェクターにこれほど興味関心を抱いたのは初めてかもしれないが、超短焦点小型プロジェクター「LSPX-P1」があることによって体験できる世界観を想像しただけで興奮が抑えられない。

個人的に1番興奮しているのは出力可能サイズと投影距離。

Sony LSPX-P1
「LSPX-P1」はソニーが独自に開発した小型の超短焦点レンズを使用。壁際にプロジェクターをぴったり付けた状態でも22インチの画面を投影することができる。そしてなんと壁から約28センチ離すだけで最大80インチの大きさで写真や映像を映し出すことができるという。超短焦点レンズ、凄すぎる。

Sony LSPX-P1
プロジェクターといえば基本的にはスクリーンや壁に投影するものだと考えがちだが、「LSPX-P1」は違う。超短焦点レンズを搭載しているお陰でテーブルや床にも投影することが可能。

Sony LSPX-P1
これはプライベートで使用する際に魅力的だ、例えば友人数名でテーブルを囲んでみんなとの旅行写真を「LSPX-P1」からテーブルの上に出力して思い出を共有することができるのだ。スマホを回す必要も覗き込む必要もない。夢がありすぎる。

バッテリーとスピーカー内臓の超コンパクトボディ

「LSPX-P1」の本体幅は約8センチ。本体は930gと少々重いが、本格的なプロジェクターを持ち歩いていると考えるとむしろこの程度の重さは気にならないだろう。

超コンパクトボディではあるが、2時間の連続使用に耐え得るバッテリーを搭載スピーカーも内蔵しているため、写真だけではなく音もある動画コンテンツも楽しめる。

Sony LSPX-P1
なお操作は専用のリモコンなどはなく、専用アプリで利用できるとのこと。デスクに置いていても邪魔にならないサイズであるため、時計や天気、お気に入りの映像を出力し続けることも可能。

Sony LSPX-P1
窓のない家に窓を用意することも可能。そう、「LSPX-P1」ならね!

Sony LSPX-P1
さらに、同梱されているワイヤレスHDMIユニットを活用することによってブルーレイディスクレコーダーやパソコンから出力することも可能。狭い部屋の中でも白い壁さえあれば臨場感溢れる映像で映画を楽しむことができる。

Sony LSPX-P1
映像も公開されていたので、下記からどうぞ! 



ソニーの超短焦点小型プロジェクター「LSPX-P1」は2月13日発売。本体価格はソニーオンラインストアにて税抜92,500円。専用スタンド「LSPX-PS1」も1万8500円で販売される。これは本当に欲しいなあ……買おうかな……。


Sony-LSPX-P1-7.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Redmi-note-4.png
    Xiaomi、10コアのCPUと4,100mAhのバッテリーを搭載した135ドルの「Redmi Note 4」を発表
  2. iPhone7-Concept-2.jpg
    2017年発売の新型iPhone、ホームボタンが廃止される見通し
  3. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. duo-PR-launch-screens_0003_screen-4-1.png
    Google Duo、リリース後1週間で500万ダウンロードを突破
  5. Train-Gateway.jpg
    「iPhone 7」、やはり「おサイフケータイ」に対応か?!