Apple Watch Series 7はミニLEDディスプレイとTouch ID搭載、5G対応か

デジタルクラウンも物理ボタンを廃止し、触覚タッチのボタンに移行する可能性も

Luke chesser rCOWMC8qf8A unsplash

Appleが2021年に発表する新型Apple WatchApple Watch Series 7)は、ミニLEDディスプレイTouch IDを搭載、5Gに対応し、Apple Watch Series 5と比べて長い電池持ちを実現する可能性がある。

YouTubeチャンネル「iupdate」は、Touch IDの実装方法として、Appleは2つ検討していると伝えていた。1つはデジタルクラウンに内蔵、もう1つはディスプレイに埋め込む方法だ。

Apple関係者と繋がりがあるというApple RUMORs氏によると、Touch IDデジタルクラウンに搭載される可能性が高い。ミニLEDディスプレイは、5G対応による高い消費電力を相殺し、Apple Watch Series 5より長い電池持ちが実現されるそうだ。

Apple RUMORs氏によると、Appleは2025年までにデジタルクラウンの物理ボタンを廃止する計画もあるという。まだ開発は始まっていないが、デジタルクラウンを触覚タッチに変更し、心電図(ECG)、指紋認証、血糖値が測定可能になるそうだ。

ストーリータイムライン
7本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年05月05日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    物理牡丹→物理ボタン??

    1. g.O.R.i

      ぎゃーそうですすいません💦ありがとうございます🙇‍♂️

「Apple Watchニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索