Macアプリのサブスク「Setapp」、iOSアプリも対象に

iOS向け有料アプリが月額4,99ドルで”使い放題”に

Setapp ios apps 01

Macアプリのサブスクリプションサービス「Setapp」が、サービスをiOSアプリにも拡大したと発表した。Setappは月額9.99ドルで配信されている190種類以上のMac向け有料アプリが”使い放題”になるサービス。月額4.99ドルの追加でiOS向け有料アプリも対象になる。

2種類のQRコードを使用し、アプリの完全版をインストール

ユーザーは2種類のQRコードを使用してインストールする。1つ目はApp Storeからアプリのダウンロードリンク、2つ目はアプリのフル機能を解放するリンクだ。
Setapp ios apps Process 01

対象のiOSアプリは、2Do、Gemini、MindNode、Paste、PDF Search、SQLPro Studio、Taskheat、Ulyssesの8種類のみ。新規アプリは順次追加され、すべてのアップデートは無料で提供される。

僕も契約中!Mac版は人気の有料アプリが沢山で便利

実は僕自身もSetappユーザー。現在は、Macの機能や設定をメニューバーから制御できる「One Switch」と、メニューバーアイコンをまとめてくれる「Bartender」を使用している。

Setapp ios apps 02

契約前に購入してしまったが、シングルライセンスが10.99ドルの「iStat Menus 6」、Mac App Storeで6,000円もする生活に欠かせないブログツール「MarsEdit 4」も対象。人気のテキストエディタ「Ulysses」なども含まれている。

Setappは7日間の無料トライアル期間が用意されている。Macをバリバリ使用する人ほど有料アプリの恩恵を受ける可能性は高いため、興味ある人は一度試してみてはどうだろうか。

関連情報
更新日2020年08月12日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索