Premiere Pro、M1 Macにネイティブ対応 80%高速化

Media EncoderとCharacter AnimatorもM1 Macにネイティブ対応

Peter stumpf yk9VXp4W5 Q unsplash

Adobeは7月20日、Premiere ProがAppleシリコンMac(M1)にネイティブ対応したと発表した。M1チップを搭載したMacBook ProMacBook Air、24インチiMacMac miniにおけるパフォーマンスが大幅に向上する。

Adobeによると、M1 Mac対応したPremiere Proは、同等のIntelベースのMacと比べて約80%高速に動作するという。Premiere Proに加え、Media EncoderとCharacter AnimatorもM1 Macにネイティブ対応している。

Premiere Proは、M1 Mac対応に加えて「音声のテキスト化」機能を追加。キャプション付きビデオをスタンダードにしてくれるツールとなっており、他のキャプション作成ワークフローと比較して平均5倍のスピードで作業が完了するという。Adobe Creative Cloudユーザーは追加料金なしで利用できる。

After EffectsのM1対応バージョンは、パブリックベータ版として年内にリリース予定。Premiere Proに搭載されているダイナミックリンクやモーショングラフィックステンプレートなどのAfter Effectsとの連携機能は、すでにM1搭載のMac向けに最適化されている。

関連情報
タグ#M1
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索