Premiere Rush、M1 Macにネイティブ対応

新機能として、クリップの分割、複製、削除が可能なコンテキストメニューが追加

Rush apple silicon

Adobeは4月13日、Premiere Rush(バージョン1.5.58)をリリース。最新版がAppleシリコンMacM1)にネイティブ対応したと発表した。Intel版と比べて再生および編集のパフォーマンス向上、および書き出しの高速化が見られるという。

一般的な動画および静止画のファイルフォーマットをサポートし、従来のMacからの移行もシームレス。プロジェクトはデバイス間で同期されるため、M1およびIntelのMac、Windows、iOS、Androidの各デバイスで作業できる。

最新版の新機能として、コンテキストメニューが追加。動画タイムライン内で、クリップの分割、複製、削除が可能になった。音声付きの動画で、動画と音声も分けられる。

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索