Ankerから家庭用3Dプリンターが新登場。3つの”すごいポイント”

「AnkerMake M5」は驚異的な作業速度と高い印刷精度が特徴。組み立てもわずか15分で完成する初心者に優しい構造

Anker AnkerMake M5 3D printer 01

Ankerは4月13日、メディア向け発表会「Anker Power Conference – ‘22 Spring」にて、新しいサブブランド「AnkerMake」を発表した。コンセプトは「その人が持つ、クリエイティビティの 最大限の発揮をサポートする」こと。

第1弾の製品として、「完成までの待ち時間を改善したい」「細部の仕上がりに対して不満がある」というニーズを解決した、Anker初の3Dプリンター「AnkerMake M5」を発表。2022年冬頃より販売開始を予定している。現在海外のKickstarterでクラウドファンディングプロジェクトを行っており、すでに6.8億円以上が集まっている。

Ankerの3Dプリンターは、何がそれほど魅力的なのか。3つのポイントで解説する。

すごいポイント1:組み立てから印刷まで、圧倒的に早い

Anker AnkerMake M5 3D printer 02

PowerBoost テクノロジーにより、最大加速時は一般的な家庭用3Dプリンターの約5倍(印刷速度50mm/sの3Dプリンターと比較した場合)の印刷速度を実現。7.5 × 7 × 9.2cmのものを制作するのに、一般的には7時間を要するが、「AnkerMake M5」はわずか2時間で完成する。

家庭用3Dプリンターは、組み立ても難しく1〜2時間掛かってしまうことも珍しくない。「AnkerMake M5」は15分で完成するほどの簡単な構造になっており、初心者に優しい設計になっている。

すごいポイント2:高い印刷精度

独自のノズル機構とアルゴリズムにより、高精度でプリントが可能。またデータの転送方法は一般的に採用されるSDカードではなく、専用ソフトウェア、USB、スマホアプリ経由から選択できる。

Anker AnkerMake M5 3D printer 03
AnkerMake M5で印刷されたものの一例

Anker AnkerMake M5 3D printer 04
AnkerMake M5で印刷されたものの一例(別角度)

すごいポイント3:AI機能カメラを搭載

AnkerMake M5」は、業界初となるAI機能カメラを搭載。専用アプリで常時モニタリングできる他、タイムラプスで様子をシェアできる。カメラの画質はフルHD、フレームレートは30fps。エラーを検知した場合、専用アプリに通知される。

関連キーワード
公開情報
更新日2022年04月13日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ガジェット」新着記事
トレンド検索