Arlo、Wi-Fiに直接接続可能な最新セキュリティカメラ「Arlo Pro 4」を発表

Wi-Fiに直接接続可能、ベースステーション不要

Arlo Pro 4 Secrutiy Camera

Arloは4月26日、「Arlo Pro 4ワイヤフリースポットライトカメラ」を発表した。価格は1台で27,800円、カメラ2台セットが49,800円。5月9日より販売開始を予定している。

最新モデルの特徴は、Wi-Fiに直接接続できること。従来モデルが必要とするベースステーションが不要となり、設置方法や場所の選択肢が広がる。カメラ仕様は、2K HDRビデオ画質、カラー夜間撮影機能を備えた内蔵スポットライト、160度の視野角などの先進技術を搭載。昼夜を問わず鮮明なビデオ画質を実現している。

製品購入時に、Arlo Secureの3カ月間無料トライアルが利用できる。Arlo Secureは、2K HDビデオ録画を30日間クラウドストレージの保管、人物・乗り物・動物・荷物を検知できる通知機能が利用できる。ライブストリームの録画を見たり、カメラの設定を調整したり、クラウド録画にアクセスしたりできる。

Arlo Pro 4の特徴

  • HDR対応2Kビデオ:Arlo Pro 4の高性能レンズで細部まで鮮明な映像を見ることができます。
  • 160度の視野角:広い視野角で大切なものを見ることができます。
  • スポットライト内蔵:夜にライトを照らすことで、不審者を追い払います。
  • スマート警報内蔵:遠隔操作で警報を鳴らしたり、イベント時に自動的に警報を鳴らすことができます。
  • 夜間カラー撮影機能:夜間カラー撮影により、従来の白黒映像ではなく、カラーで映像を見ることができ、何が潜んでいるかを確認することができます。
  • 双方向音声:風や雑音を抑えたクリアな双方向音声で、来訪者との会話が可能です。
  • Wi-Fi直接接続:Wi-Fiに直接接続して簡単に設定できるため、ベースステーションを別途用意することなく、独立したホームセキュリティソリューションとして機能します。
  • ワイヤフリー、耐候性:ワイヤレスセットアップとマグネット式マウントにより簡単に設置でき、耐候性デザインにより屋内外を問わずPro 4を設置できます。
  • 充電式バッテリー:取り外し可能な充電式バッテリーは、1回の充電で最大6ヶ月間使用可能です。
  • マグネット式充電ケーブル:カメラの急速充電と接続ケーブルを簡単に取り付けることができます。
  • 他社プラットフォーム互換性:Apple HomeKit、3 Amazon Alexa、Google Assistant、Samsung SmartThings、IFTTT と連携して簡単に対話、自動化、コントロールができます。
  • SmartHub/ベースステーションオプション:互換性のあるArlo SmartHubまたはベースステーション(VMB4000、VMB4540、VMB4500、VMB5000)を接続することで、ローカルストレージの録画、エコシステム内の他のカメラとのクロストリガーを可能にし、カメラの範囲とバッテリー寿命を向上させます。
関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ガジェット」新着記事
トレンド検索