iOS4.3はアプリ内定期購読に対応予定?

「アプリ定期購読」に対応する『iOS 4.3』、12月登場か (WIRED VISION)

これまでも、多くのサブスクリプション型のサービスがiOS向けアプリを出しているが、現状ではコンテンツごとに、iTunesから個別のアカウントと請求を立てなければいけないという難点がある。

上記記事の内容をまとめると、下記のようなことが4.3で出来るようになるらしい。

  1. iOS4.3では月額課金に近い形でアプリ内定期購読が可能
  2. 購読内容のバックグラウンドダウンロードが可能

月額課金に近いアプリ内購読
今まで提供されていたアプリ内課金のシステムは従量課金ベースの課金方法であり、課金するタイミングでユーザーに通知がいくような仕組みになっていた。噂によると、iOS4.3に含まれるとされているアプリ内定期購読は、日本の馴染みのある月額課金に近い形で課金が出来るようだ。

バックグラウンドで素材ダウンロード
また、アプリ内課金の場合にはパスワードを求められる段階で都度素材をダウンロードする必要があったのだが、iOS4.3だとバックグラウンドで勝手にダウンロードしてくれるようになるらしい。ユーザーは自分からダウンロードする必要はなく、更新されたあとにアプリを開けば自動的にダウンロードされているらしい。

情報が少ないので、本当に日本のキャリアの提供している月額課金のようなスムーズな形で提供されるかどうかはまだ不明だが、もし、仮に「アプリ内定期購読」が実装されたとしたら、App Storeがさらに盛り上がることは間違いないだろう。

日本のモバイルコンテンツの月額課金におけるノウハウは世界一。もしかしたら、Appleのプラットフォームで日本が本気を出せる時が、ようやくやってきたかもしれない。

もっと読むiOSまとめ
あわせて読みたい