インド語文字列の受信でクラッシュするバグ、マイナーアップデートで修正へ

Iphone home screen apps pakutaso

昨日発見されたインド語の文字列を受信するとアプリがクラッシュするバグについて、Appleは不具合を修正した「iOS 11.2」のマイナーアップデートを近日中に配布することをiMoreのRene Ritchie氏を通じて明らかにした。

このバグは、インド南東部のアーンドラ・プラデーシュ州およびテランガーナ州の公用語であるテルグ語のとある文字列を受信するとアプリがクラッシュし、その後、アプリを起動することができなくなってしまうという、というもの。

すでに「iOS 11.3」のベータ版をはじめ、macOS、watchOS、tvOSのベータ版では修正されているとのこと。

関連キーワード
カテゴリiOS 11まとめ
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 11」新着記事
トレンド検索