iOS 15にアップデートした人は全体の63%ーーApple調べ

最新バージョンのシェア率が低い理由は、旧バージョンを使い続ける選択肢を与えたから?

Ios15 ipados15 usage

Appleが1月14日、開発者向けのサポートページを更新。2022年1月11日時点におけるiOSとiPadOSのバージョン別シェアを公開した。いずれも同日、App Storeにアクセスしたデバイスデータをもとに算出されている。

過去に発売されたすべてのデバイスを対象とした場合、iOS 15は63%、iOS 14は26%が利用中。対象を4年以内に発売されたデバイスに絞った場合、iOS 15は72%、iOS 14は26%になる。

過去4年以内に発売されたiPadにおいて、iPadOS 15をインストールしているユーザーは57%。iPadOS 14は39%となっている。

最新のiOSおよびiPadOSにアップデートするユーザーが例年より減少しているのは、明確な理由がある。Appleは最新OSをアップデートせずに使い続ける機能をiOS 15で提供。iOS 14のまま、重要なセキュリティアップデートを利用できる。

しかし一部情報によると、2021年12月に配信されたiOS 15.2以降、iOS 14ユーザーはiOS 15へのアップデートを避ける仕組みが撤廃されている。意図的か、不具合なのかは分かっていない。

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索