2019年のiPhoneは5G非対応が濃厚にーーIntel製チップが2020年まで登場しない見通し

Slejven djurakovic 1124716 unsplash intel

Intel製5Gモデムチップを搭載したスマートフォンは年内に登場しない見通しだ。

Reutersによると、Intelのネットワークチップ事業を統括するSandra Rivera氏はメディアイベントにて、メーカーに対し5Gモデムチップのサンプル出荷を行うが、2020年まで一般消費者向けの製品に搭載されない、と説明。

Bloombergは昨年12月、5G対応のiPhoneは2020年以降に登場すると報じていたが、今回のIntel幹部の発言と一致していることから、2019年の新型iPhoneは5G通信には対応しない可能性が高いと見られる。

The InformationはAppleが自社製セルラーモデムチップを開発していると伝えていたが、セルラーモデムが完成するためには最大3年は掛かる見通しであることから、少なくとも直近数年間はIntelに頼る必要がありそうだ。

2019年のiPhoneはひっかき傷に強いコーティングを採用し、他のデバイスをワイヤレス充電できる機能を搭載Maxモデルのみトリプルレンズカメラを採用するなどの進化が期待されている。USB-Cポートへの移行も期待されていたが、2019年は引き続きLightningポートを搭載する可能性が高いと見られている。

(via MacRumors