2019年の新型iPhone、サイドボタンの位置がわずかに下がる可能性

2019年のiPhone、カメラユニットのサイズは全モデル共通か

Iphone xr 2 case

先日、次期iPhone用ケースを「iPhone XS」に装着した写真が公開されていたが、9to5Macが2019年の新型iPhoneのケースを紹介する動画を公開している。

iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の後継モデル用のケースとなっているため、筐体のサイズはそれぞれ異なるはずだが、カメラ穴を基準に重ねると穴の大きさはすべて同じであることが確認できる。

Iphone 2019 cases camera

iPhone XR」の後継モデルはボタン位置に変化なし

これはMacお宝鑑定団Blogが以前、「iPhone XR」の後継モデルがデュアルレンズカメラを搭載する理由として部品の共通化によるコストダウンを狙っている指摘していたことから、カメラユニットのサイズが一致していることには納得感がある。

「iPhone XS」に「iPhone XS」の後継モデル用のケースを付けると、いかに次期モデルのカメラユニットが大型化するかが分かる。

Iphone 2019 cases camera 2

また、新たな情報として新モデルはサイドボタンの位置が現行モデルと比べて少し下がっていることが確認されている。

Iphone 2019 cases side button

「iPhone XR」の後継モデルの場合、サイドボタンや音量ボタンの位置は変わっていなかったことから、「iPhone XS/XR Max」の後継モデルは内部仕様の関係で位置が調整されるのかもしれない。

以下、どうぞご覧あれ!

ストーリータイムライン
「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索