「iPhone 7」はマイナーアップデートに?!小規模な改良に留まる見通し

Iphone7 7plus 7pro concept

今年発表されるであろうiPhoneはこれと言った特徴がなさそうな空気が充満しているが、その空気はそのまま現実となりそうだ。

日本経済新聞によると、今秋発表される新型iPhoneはカメラの性能向上など小規模な改良に留まり、大幅な改良は2017年に持ち越される見通しであると報じている!

ヘッドホン端子は廃止、デザイン変更は来年に持ち越し

これまで報じられてきたパッとしない噂がそのまま現実となり次期iPhoneとして登場し、世間は大ブーイングで「Appleが終わった、ジョブスを墓から呼び起こしてこい」の大合唱になるに違いない。そうならないためにも今から「今年のiPhoneはマイナーアップデートだ、”s”系アップデートと同程度だ」と思っておけば暴動を起こさずに済むだろう。

大きく変化がある点を挙げるとすればヘッドホン端子が廃止されること。耐水性や電池持ちも改善され、5.5インチモデルは特筆してカメラ性能が向上すると伝えられているが、その程度。これまで2年ごとに実施されてきたメジャーアップデートと比較するとパンチに欠ける。

逆に言えば、今年発表される新型iPhoneは2007年に発表された「iPhone」の最終形態のような存在なのかもしれない。2年に1回のアップデートを期待している人にとっては物足りないかもしれないが、いわばiPhoneの完成形の1つかもしれない。

やはりメジャーアップデートはiPhone誕生10周年である2017年に持ち越される模様。有機ELディスプレイを搭載する他、「3D Touch」を進化させたような技術が取り入れられると報じられている。

とは言え、2年ごとにiPhoneを買い換えてきた人にとっては手元にあるiPhoneをもう1年使うか、「iPhone 7」に買い替え2017年のメジャーアップデートを見送るか、悩ましいところだろう。

何よりもAppleが今年のiPhoneをどのようにアピールするのか、気になるところだ。カメラ性能の向上は毎度のことなので特に真新しさはないとして、耐水性が強化されるということはついに防水仕様になり、水槽にiPhoneを落とすパフォーマンスでもやるのだろうか。

それにしてもiPhoneが話題性に欠けるとなると、今年期待できる新製品は10月に発表が噂されている「MacBook Pro」シリーズのみになりそうだ。ぐぬぬ。

新型「MacBook Pro」、「Touch ID」と有機ELディスプレイのタッチバー搭載で2016年10月以降に発売?!