iPhone 11 Proのナイトモードを”プチハック” アーティスティックな写真を撮る方法

サードパーティアプリやライブフォトを使えばより手軽にできることを分かった上で、あえてナイトモードを使う

Using Nightmode on iPhone11Pro With Creativeness 01

iPhone 11」シリーズには暗所での撮影を劇的に強化してくれる「ナイトモード」という機能が用意されている。既に多くのハイエンドAndroidスマートフォンには搭載されている機能だが、「iPhoneでも同様の機能が利用できるようになった」ということが重要。

iPhone 11」や「iPhone 11 Pro」シリーズでは広角レンズまたは望遠レンズのセンサー、「A13 Bionic」の処理能力、ソフトウェアの連携プレイによって実現している。iPhoneが自動的に光量不足を検知し、必要に応じて1秒から最大28秒までのシャッタースピードを設定して撮影してくれる。

シャッターを切るスピードが遅くなることによって結果的に写真は明るくなるが、同時に手ブレしやすくなる。よって、最長の28秒を出すためにはiPhoneが三脚など固定された場所に設置されていることが検知されない限り、起動しない。

一方、僕の把握している限りでは、手持ちであればシャッタースピードは最長10秒までに設定することができる。そこで、僕はこの仕組みを活かし、ちょっとアーティスティックな写真を撮影することに成功したので紹介する!

無理やりシャッタースピードを落とし、スローシャッターで光を収める

まず、こちらが通常のナイトモードで撮影した遊園地の乗り物。これでも十分素敵だが、僕の場合、乗り物そのものに特に思い入れがあるわけでもないので、ナイトモードを”プチハック”することに。
Using Nightmode on iPhone11Pro is lots of fun just the mode

その結果、出来上がったのは以下の写真。俗に言う長時間露光撮影をしてみた。
Using Nightmode on iPhone11Pro is lots of fun 08

遊園地はそれなりに明るいため、ナイトモードは自動的に有効化されるものの手持ちということもあり、シャッタースピードは2秒が限界。ところが、これをシャッターを押す直前にカメラを手で覆い、iPhoneが真っ暗な場所で撮影していると騙すことによって最大10秒のシャッタースピードを引き出すことができるのだ。

最も上手く撮影できたのがこちらの写真。この時は最大値である10秒だったことを覚えている。
Using Nightmode on iPhone11Pro is lots of fun 09

特に僕も興味のなかった遊園地の乗り物も、この”プチハック”を知ると満足の行く写真が撮影できるまで何度も何度も撮影したくなる。

もちろん、このようなスローシャッター/長時間露光写真はサードパーティアプリを利用すればすでに実現できる。今回のようにわざわざ秒数を伸ばすようなハックをしなくても利用でき、暗い場所以外でも利用できるので機能面においても優位だが、そのようなアプリは有料であり、そのためだけにアプリを利用するのは少しハードルが高い。

他にも「ライブフォト」で撮影し、編集後に長時間露光のエフェクトを適用することによって同じような効果も得られるが、シャッタースピードを調整することはできない。

要は、スローシャッターを楽しみたいだけであれば他にも色々と手段はあるが、「iPhone 11」シリーズにナイトモードが用意されたことにより、ちょっとした工夫で普段撮る写真が一味違ったものに仕上がる楽しさを感じてもらえたら幸い!

ナイトモードを利用するため、残念ながら超広角レンズでは利用できないが、ナイトモードを「暗い場所を明るく撮影する」以外の用途でも使えないか、色々と工夫しながら試してみると、より一層写真撮影が楽しくなるかもしれない!

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone 11 Pro Max」新着記事
トレンド検索