「iPhone 7」の電池持ちは競合スマホよりも短いーー調査結果が公開

HTC 10 ハンズオン、写真レビュー

iPhone 7」の電池持ちは競合Androidスマートフォンと比較して圧倒的に悪いという調査結果をWhich? Tech Dailyがまとめている。

比較対象は「Samsung Galaxy S7」「HTC 10」「LG G5」の3端末。電話回線を利用した連続通話時間およびインターネット利用時間において4端末の中で最下位を記録している。

「HTC 10」が2冠、「iPhone 7」はいずれも最下位

その調査結果が以下の通り:

Smartphone battery life 2016
【image via Which? Tech Daily

通話時間に関しては「HTC 10」の圧勝で1,859分を記録。余裕で24時間を超える(約31時間)連続通話が可能であると判明。一方、「iPhone 7」は712分、約12時間。「LG G5」と「Samsung Galaxy S7」がどちらも24時間オーバーを記録する中、惨めな結果に終わった。

インターネット利用時間に関しては僅差となったが、それでも「iPhone 7」が最下位。この結果は電池容量の差であるとWhich? Tech Dailyは分析。「iPhone 7」の電池容量は1,960mAhとなっているが、「HTC 10」は3,000mAhの大容量バッテリーを搭載している。

個人的には「iPhone 7」の電池持ちは飛躍的に向上していると感じているが、The Guardianにも最新モデルの電池持ちは悪いと指摘。「iPhone 6s」よりも電池持ちが悪いとまで書かれているが、個人的には全く同意できない。


(via MacRumors