Anker PowerCast M300の音質ってどう?14インチMacBook Proの内蔵マイクと比べてみた

Anker初のコンデンサマイクの実力を検証する

Anker PowerCast M300 Review 01

Ankerが、同社初となるコンデンサマイク「Anker PowerCast M300」を販売開始した。単一指向性を持った高感度な16mmの大型コンデンサーマイクを搭載し、96kHz/ 24bitの高い解像度でクリアな音を届けられることが特徴だ。同梱されているUSB-CまたはUSB-Aケーブルを使用し、接続するだけで使用できる。

Anker PowerCast M300の外観

まずはハードウェアとしての特徴や仕様を紹介しよう。操作用のボタンは、集音するボリュームを調整して環境に合わせた最適な音を届けられる 「ゲインコントロール」と、ミュート設定のオン/オフ切り替え機能を兼ね備えたダイヤル式のボタン1つのみ。

通常は中央部分にあるLEDが青く光っているが、ミュート状態では赤くなる。マイクモードが一目瞭然だ。
Anker PowerCast M300 Review 11
マイクがオンの状態

Anker PowerCast M300 Review 10
マイクがミュートの状態

底面にはUSB-C端子、ヘッドホン端子、RGBライトの切り替えボタンが用意。RGBライトは複数のカラーや光り方から選択できる。

Anker PowerCast M300 VS 14インチMacBook Pro VS AirPods Max

マイクを購入する上で何よりも重要名のは音質だろう。Anker PowerCast M300、14インチMacBook ProAirPods Maxで同じマイクテストを行い、比べてみた。それぞれ一発録りで、マイクとの距離など細かい条件は意識していないが、参考にしてもらいたい。ヘッドホンやイヤホンを使って聞き比べると、違いがわかりやすいだろう。

14インチMacBook Pro

AirPods Max

Anker PowerCast M300

MacBook Proは「高い信号対雑音比と指向性ビームフォーミングを持つ、スタジオ品質の3マイクアレイ」を内蔵。音は優れているが指向性が少ないため、服が擦れる音なども入っている。気になる点はあるが、内蔵マイクとしては想像していたよりも優秀だ。

一方でAirPods Maxはダントツで音が悪い。ワイヤレス接続が関係しているのか、終始音が電子的な響きになっており不自然だ。抜けが悪く、マスクをした状態で話しているようなこもった音になっている。

Anker PowerCast M300の音質は、3つの中で最もクリアだった。洋服が擦れる音も聞こえづらく、MacBook Proより一段とクリアな音に仕上がっている。

音声配信やリモートワークが引き続き盛り上がる今の時代、”盛れる”配信環境の需要は高い。オーディオ機器にこだわり始めたらキリがないが、現状よりステップアップしたい人はAnker PowerCast M300の導入を検討してみてはどうだろうか。

Anker PowerCast M300
7.8/10
関連キーワード
特集
公開情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:619198)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:619115)
    マイクテストワンツーの言い方にクセがあると思ったらビートボックス始まって笑った

    ( ´∀`)bグッ!

  2. 通りすがりの読者(コメントID:619115)

    マイクテストワンツーの言い方にクセがあると思ったらビートボックス始まって笑った

「Mac用周辺機器」新着記事
トレンド検索