学生みんなが特待生。

2017年に発表予定のMac、マイナーアップデートに留まる可能性

IMacRetina 2Up

Tim Cook氏は「素晴らしいデスクトップ型Macを開発中」であることを従業員に明らかにしたが、果たして本当なのだろうか。

Bloombergによると、Appleが2017年にリリースするMacは見た目に変化は期待できず、マシーンスペックが向上するというマイナーアップデートに留まる可能性が高いと報じている!

「Touch Bar」搭載の「Magic Keyboard」は検討中

次期iMacはUSB-Cポートや新しいAMD製GPUを搭載し、12インチ型MacBookや「MacBook Pro」に関してはプロセッサーの向上に留まると言う。デザインは既存製品と変わらず、基本的にマイナーアップデートという位置づけになりそうだ。

今年発表された新型「MacBook Pro」にはファンクションキーの代わりに「Touch Bar」が搭載され、「Touch ID」に対応した。iMacや「Mac Pro」向けに「Touch Bar/Touch ID」搭載の「Magic Keyboard」が登場するのか気になるところ。

Magic ToolBar Keyboard

情報元によると、Appleのデザイナーは既にデスクトップ型Mac向けに開発を進めているとのこと。リリースするかどうかは新型「MacBook Pro」を購入したユーザーの反応を見た上で決める予定。

アップデートと言えば、真の「プロ向けマシーン」として登場した「Mac Pro」は発売から3年も経っているが、未だにアップデートがされていない。なぜ、これほど長期間放置されたままなのだろうか。

アメリカ国内で開発・製造という決断が命取りに

「Mac Pro」はアメリカ国内で製造されている。国内の雇用を生み出していることを政界にアピールするために取った手段だとされるが、これがかえって生産を困難にしたとされる。

今の「iPhone 7 Plus」にあるような光沢のある丸みを帯びた外観を持つ「Mac Pro」を製造するためにはApple自身が新たに製造するためのツールを開発する必要があり、そのツールを使えるように従業員を教育する必要がある。結果的に製造に時間が掛かってしまい、需要を満たすことができなくなってしまった。

このような問題に直面した経験から、一部のエンジニアからは製造拠点をアメリカ国内から中国に戻すべきという声も挙がっている。中国では製造に必要なスキルを持つ人も多く、コストも抑えることができるからだ。

ただし知っての通り、次期アメリカ大統領はドナルド・トランプ。アメリカで雇用を生み出すよう、Appleを名指しで指示する状況下でそう簡単に製造拠点を海外に移すことは難しいと見られる。

トランプ氏は製造拠点をアメリカ国内で行う代わりに法人税の削減や規制緩和の実施をすると発言していたが、不慣れな人が高いコストで精度の低い製品を作るよりも、慣れた人に低いコストで精度の高い商品が作ってもらった方がいいに決まっている。

最強のMacであるはずの「Mac Pro」は果たして来年アップデートされるのだろうか。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!