MacのFinderでRAWファイルをプレビュー表示するには「アイコン」と「Cover Flow」が便利

僕は撮影した写真をAdobe Photoshopで現像・編集するが、Macに取り込んだRAWファイルをすべて開くのではなく、一度Finder内で選定したもののみを開く、という作業フローにしている。

そのため、一度Finderでどの写真をPhotoshopで開くかを決める必要があるのだが、「Quick Look」だと遅すぎる。確認しようとしても、下記のように表示されるまでに時間が掛かってしまう。

Use Icon View for RAW 02

より大きい画像で確認できるのは「Cover Flow」

そこで、Finderの表示形式として用意されている「アイコン」表示でプレビュー表示する方法落ち着いている。容量が大きいRAWファイルでも素早く開くことができる。

Use Icon View for RAW 01

「Cover Flow」も同様にRAWファイルのプレビューを素早く表示してくれる。「アイコン」表示よりもプレビュー画像を大きく表示してくれるため、とても便利。

Cover Flow View Finder01

ただし、欠点としてプレビュー画像を右クリックしても反応しない、という問題がある。僕はキーボードランチャー「Alfred」のキーボードショートカットで操作してしまうため、特に問題はないが、「アイコン」表示に慣れていると操作できないことに戸惑うこともある。

RAWファイルを素早くプレビュー表示したい、という人は上記方法をお試しあれ!

関連記事