MacのDockにあるフォルダ、「ファン」「グリッド」は「Quick Look」が利用可能

Mac QuickLook Dock

Macの「Quick Look」は使いこなすと恐ろしく便利だ。画像サイズやファイル容量を表示する方法複数ファイルをグリッド表示するキーボードショートカットなどを活用するだけでも使い勝手が良くなるのだが、その過程で発見した地味に便利な使い方がある。

MacのDockの右側によくアクセスするフォルダを追加することができるが、ファイルの表示形式として「グリッド」「ファン」「リスト」「自動」から選ぶことができるのだが、「グリッド」または「ファン」の場合、マウスカーソルをファイルの上に置き、スペースキーを押すと「Quick Look」表示で中身を見ることができるのだ。

Mac QuickLook Dock 01

残念ながら「リスト」表示では利用できない。スペースキーを押すと、ファイルがそのまま開いてしまう。

そもそもDockにフォルダを置くという人は少ないかもしれないが、僕は一時期デスクトップを散らかさないことを目的として、ダウンロードしたファイルや作業用のファイルはすべてDockにある「ダウンロード」フォルダなどを指定していた。

Dockのフォルダを活用している人は是非お試しあれ!