【100円 → 120円】App Store、価格改定を実施!一律20%の値上げ

App Store New Price
Macライフが快適になる有料Macアプリブログ運営に役立つ有料Macアプリオススメの有料iPhoneアプリで気になったものはダウンロード済みだろうか。


もしこれからダウンロードしようとしても既に高かった有料アプリがさらに高くなっている

昨日伝えた通り、Appleは本日4月3日、App Storeの価格改定を実施した。アプリの価格は平均して一律20%の値上がりをしている。

各Tierに対し、一律20%の値上げを実施

App Storeの価格改定を実施するのは1年6ヶ月ぶり。iOS App StoreとMac App Storeの有料アプリはもちろんのこと、アプリ内課金も対象となっている。iTunes Music Storeは値上げの対象にはなっていない模様。

アプリの価格は米ドルをベースとした「Tier」という価格表に基づいて設定されている。これまでは「1米ドル = 100円」というレートだったものの、今後は「1米ドル = 120円」という新しいレートが採用され、20%の値上げが実施されたことになる。

新しいTierならびに新価格は以下の通り:

Tier旧価格新価格
Tier1100円120円
Tier2200円240円
Tier3300円360円
Tier4400円480円
Tier5500円600円
Tier6600円720円
Tier7700円840円
Tier8800円960円
Tier9900円 1,080円
Tier101000円1,200円

参考に、以下が価格改定前の有料アプリの総合ランキングのスクリーンショット。
App Store Before
続いて、先ほど撮った、価格改定後の有料アプリの総合ランキングのスクリーンショット。
App Store After
価格改定後は正確に反映されていない場合も多く、旧価格で購入したつもりが実は新価格になっていたということもある模様。今後有料アプリを購入する際にはアプリやアプリ内課金の価格をしっかりと確認した上で購入することをオススメする。

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法