f値、シャッタースピード、ISO感度を解説した画像が分かりやすい

Canon camera 【img via BigTallGuy

一覧レフカメラやミラーレス一眼カメラを購入する人が増えている一方で、なぜか「自動モード」でしか撮影しないという人がいる。これはあまりにも勿体無い!

ただ、カメラ初心者にとって「絞り」や「ISO感度」はよく分からない。「シャッタースピード」も言葉の意味はなんとなく分かったとしても、早くしたり遅くしたりすることによって撮れる写真がどのように変わるのか分からないという人も多いだろう。

Fotoblog Hamburgが公開していたf値、シャッタースピード、ISO感度の関係性をまとめた画像が分かりやすかったので、紹介する!

絞り値(f値)を小さくするとボケ味が増し、ISO感度を上げると写真が粗くなる

個人的に未だに混乱してしまうのだ絞り値(f値)。絞り値が小さければ小さいほど取り込む光の量は大きく、より狭い範囲にピントが合うためボケ味が強くなる。

混乱し易いのは「絞り値を小さくすること」を「絞りを開く」「開放値にする」などと表現すること。つまり、f値の数値が小さくなるのにも関わらず、「開く」という、値が大きくなる表現を使うことが分かりづらいのではないだろうか。

シャッタースピードは早ければ早いほどブレないピタッとした写真を撮影することが可能。ISO感度は数値が大きければ大きいほど明るく撮れる代わりに写真が粗くなってしまうが、最新の機種は高いISO感度でも粗くならないことも強みとしている。

以下、参考にどうぞ!

CheatcardV2 90x50mm en 【img via Fotoblog Hamburg

「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」をそれぞれ組み合わせて最適な設定で撮影しなければならないので、この画像1枚では完結しないが、まずはそれぞれの言葉が意味することを理解するための情報としては十分に役立つのではないだろうか。

僕自身、「Canon EOS 70D」を愛機として商品写真から人物写真、スナップショットまで気軽に撮っているが、全自動で撮るよりも自分で細く設定を変えながら撮影をした方が断然楽しい。実際に撮ることによってより理解が深まり自然とベストな組み合わせが分かるようになる……と信じてシャッターを切っている。

自分は写真が決して上手いとは思わないが、撮らなければ上達しないのでこれまで全自動で撮影している人は上記の画像を参考に設定を変えながら一眼カメラの写真撮影を楽しむべし!

デジタルカメラ 初心者のための基本ワザ教えます
玄光社 (2014-11-10)
売り上げランキング: 138,756

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4
キヤノン (2016-09-08)
売り上げランキング: 6,609

(via Lifehacker

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法