Facebook、独自のアドネットワーク「Audience Network」を正式に発表!

Audience network
以前から多くのデベロッパーに参入が期待されていたFacebookがついにアドネットワーク事業に参入だ!詳細なターゲティングを活かした広告配信は実現されるか?!


先日伝えた通り、本日開催されたデベロッパー向けカンファレンス「F8」にてFacebookは独自のアドネットワーク「Facebook Audience Network(FAN)を正式に発表した!

数行のコードを書くだけでFacebookが広告に関する全てを対応

本日発表されたFacebookのアドネットワークはアプリプロモーションに大きな影響を及ぼすに違いない。TechCrunch Japanによると、デベロッパーはアプリに数行のコードを追加するだけで利用可能。広告営業、広告ターゲティング、実務管理、支払い管理などすべてFacebook側で対応してくれるとのこと。

FANではバナー広告インタースティシャル広告ネイティブ広告の3種類を提供。それぞれのサンプルは以下の通り。

Banner interstitial native
先日、モバイルユーザーの月間アクティブユーザー数(MAU)が10億を突破したことを発表したFacebook。2013年10月から12月の期間中、モバイル向け広告だけでFacebookに12.4億ドルの収益もたらし、そのうちの50%以上はアプリインストール型広告だったとも伝えられている。よって、プロモーション対象としては当面モバイルアプリになるが、今後はウェブサイトのトラフィック強化やコマースサイトの広告なども取り扱うことが計画されている。

Facebook Audience Networkを説明した公式動画が公開されていたので、載せておく!



Facebook Audience Networkは現在ベータテスト中。今後数ヶ月かけて一般公開する見通し。

(via Mashable

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 初代iPhoneの初期プロトタイプが動作している映像がさらに公開
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ