「iOS 7」から採用されているParallax Effect(視差効果)を無効にする方法

Reduce Motion iOS 7 【img via Cult Of Mac

久しぶりに「iOS 7」ネタを1つ!

次期iOSから導入されたParallax Effect(視差効果)。画面内で奥行きを表現することが可能になっているが、見慣れない人によっては邪魔と感じるかもしれない。

Appleもそのようなケースを想定していたのか、この効果を無効にする方法があったので、紹介しておく!

「Reduce Motion」を有効化するだけ!

操作方法は簡単!ボタン1つで有効・無効を切り替えることができる。

設定の中にある「Accessibility」をタップし、下の方にスクロールすると「Reduce Motion」のオン・オフを切り替えるだけ!Parallax Effect(視差効果)を有効にする場合はオフに、無効にする場合はオンにするべし!

「3Dエフェクトはちょっと…」という人は試してみてはいかがだろうか!

(via Cult Of Mac

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ