【レビュー】Lightningケーブルを美しく巻き取れる「Bluelounge Rolio(ロリオ)」が便利すぎて手放せない!

Bluelounge lightning cable 8
本当は丁寧に巻きたくても気付いたら適当に数回指先で巻いてカバンの中に放り込まれがちなLightningケーブル。適当に扱われる割には必要な時に見つからないと困る、そして買おうにも意外と高い。

CableClips」を使うという手もある。ただ、これは意外と巻くのが大変だ。面倒くさがりには少々ハードルが高い。

ルーズになりがちなケーブルをまとめてキレイに整理してくれるアイテム「CableClips」を買ってみた! | gori.me(ゴリミー)

常に美しく巻かれた状態でLightningケーブルを持ち歩きたい…が毎回巻き直すのは面倒だという人にオススメしたいのが「Bluelounge Rolio(ロリオ)」。

Lightningケーブルを常に美しく巻かれた状態にすることができるので、最近便利すぎて手放せない!早速紹介する!


伸ばすのも巻き取るのも簡単!Lightningケーブルがコンパクトに!

Bluelounge Rolio」は直接コンセプトから充電した時に地面から浮かせて充電できることLightningケーブルを丁寧に巻き取って持ち運びしやすくすることを可能にしてくれるLightningケーブルアクセサリー。なんとなく便利そうなので買ってみたのだが、想像以上に便利でもはや本当に手放せないアクセサリーとなってしまった。

まずは簡単に開封と外見のレビューから。基本的にBlueloungeの製品は本当にセンスが良くてどれも魅力的に見える。箱の前面。
Bluelounge Rolio(ロリオ)ケーブル巻取り
裏面にはこれまでコンセントから直接充電する場合は地面に置いていたのを、Lightningケーブルを綺麗に巻き取った上に地面に付けずに充電することができることを写真で解説。分かりやすい。
Bluelounge Rolio(ロリオ)ケーブル巻取り
実際に「Bluelounge Rolio」を開封して自前のLightningケーブルを入れてみた。この写真は分かりやすくケーブルを出していいるが、本来は冒頭の写真のように収まるように収納する仕組みとなっている。
Bluelounge Rolio(ロリオ)ケーブル巻取り
パッケージに書かれていたようにACアダプターから直接充電してみることに。
Bluelounge Rolio(ロリオ)ケーブル巻取り
多少不安定ではあるが、地面にiPhoneを置かずにコンセントから直接充電することができている。
Bluelounge Rolio(ロリオ)ケーブル巻取り
ただ、僕がオススメしたいのはこの使い方ではない。「Bluelounge Rolio」はLightningケーブルを美しく巻き取ってくれる。つまり、MacにiPhoneを接続する時に余計なLightningケーブルが巻き取られた状態で使用することできるのだ!

それを実践しているのが下記の写真。僕の「MacBook Pro Retina」の右側にあるUSBポートに「Bluelounge Rolio」を通したLightningケーブルと繋げることによってデスクの上でケーブルが邪魔になることがなくなる。
Bluelounge Rolio(ロリオ)ケーブル巻取り
電池が悪化し、数々の改善策を講じても使う人であれば1日持たなくなってしまったiPhone。充電するためのLightningケーブルは常に持ち歩いていなければならないが、毎回綺麗にケーブルを巻くのが面倒。

Bluelounge Rolio」があればその悩みは一気に解決する!便利すぎてここ最近僕の必須アイテムだ。

値段も2,000円弱(記事執筆時点)とお手頃なので、興味ある人はチェックしてみるべし!

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 初代iPhoneの初期プロトタイプが動作している映像がさらに公開
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ