小型ワイヤレススピーカー「Anker SoundCore mini」、発売開始!電池持ち15時間、Micro SD/FMラジオ対応

Anker SoundCore Mini
最近のAnkerと言えばモバイルバッテリーだけではなく、掃除機も出せば加湿器も出している。

そして意外と力を入れているのが音楽アクセサリー。これまでワイヤレススピーカー「Anker A3143」や「Anker SoundCore」をレビューし、先日は「Anker SoundCore Sport XL」の発売開始を知らせたが、今回紹介するのはまた新しいワイヤレススピーカー。

Anker SoundCore mini」は手のひらサイズのBluetoothワイヤレススピーカー。特徴は15時間という電池持ちMicro SDカードスロットAUXモードに対応し、FMラジオも受信可能であるということ。価格は2,999円

超小型ながら音量も音質もそこそこ!持ち運びに最適

最近は意外と「今音楽あったらいいよね」というシーンに遭遇することが多く、その度に「カバンの中にワイヤレススピーカーの1つや2つぐらい入れておけばよかった」と思っていた。

ただ、常に入れ続けるには軽くてコンパクトであることが重要。そのようなニーズに今回紹介する「Anker SoundCore mini」はピッタリである。

1台サンプルとして提供して頂いているので既に何日間か使用しているのだが、サイズからは想像できないほどしっかりとと音がなり、低音も響く。出力は5W
Anker SoundCore Mini
とにかく小さくてコンパクトで軽い。これならカバンの中に放り込んでおいても邪魔にはならない。重さは215g。サイズは約67mm × 67mm × 67mm。
Anker SoundCore Mini
冒頭でも紹介した通り、「Anker SoundCore mini」はBluetooth接続だけではなく、AUXとMicro SDに対応し、FMラジオも試聴することができる。
Anker SoundCore Mini
持ち運ぶ上で電池持ちも大事。「Anker SoundCore mini」なら一度のフル充電で15時間も使い続けることができる。一日中アウトドアで過ごす日でも音楽を鳴らし続けてくれる。
Anker SoundCore Mini
操作方法も非常にシンプルで分かりやすい。見慣れない「モード」ボタンはBlutooth・AUX・FMラジオ・Micro SDの4つを切り替えるためのボタン。次の曲・前の曲に移動する場合は音量ボタンを長押しする操作になってしまったため、正直使いづらいが音楽の操作自体はiPhoneから行うので特に問題なし。
Anker SoundCore Mini
価格は2,999円。僕のように「スピーカーがあったらいいのにな」という場面に遭遇することが多い人にはオススメ!この機会にどうぞ!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告