Apple、WWDC2013の専用アプリ「WWDC」をリリース!基調講演やセッションは誰でも試聴可能!

WWDC2013専用アプリ「WWDC」
全世界のAppleファン、注目!

来週に控えたWWDC2013に向けて、Appleが専用アプリ「WWDC」をリリースした!当日のスケジュールフロアマップの他、基調講演や当日行われるセッションの様子を試聴することが可能になっている!

WWDC 1.0(無料)iPhoneアプリ紹介リンク
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
販売元: Apple – iTunes K.K.(サイズ: 4.5 MB)

デベロッパー登録していなくても試聴可能!

WWDCアプリはデベロッパー登録をしている人に限られた機能もあるものの、基調公演やセッションの様子は登録していない人でも試聴可能になっている。さらに、今年行われる基調公演やセッションだけではなく、2011年と2012年の動画も自由に閲覧することができる!発表当日に向けて気持ちを高めるために過去の基調講演を見ておこうかな!

WWDC2013専用アプリ「WWDC」
WWDC2013の基調講演は現地時間6月10日(月)午前10時から。日本時間だと6月11日(火)午前2時から!僕は当然最初から最後までキーボードを叩きながら試聴しているつもりなので、夜通し頑張る人は一緒に楽しみましょう!

ところで気になる、記になる…に書かれて気付いたのだが、「WWDC」のアプリアイコンはフラットなデザインが採用されている。今後はこのテイストがAppleのスタンダードになるのかも?!

「WWDC」は無料でiPhoneとiPad両方に対応するユニバーサルアプリ!Appleファンは全員ダウンロードしておくべし!

WWDC 1.0(無料)iPhoneアプリ紹介リンク
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
販売元: Apple – iTunes K.K.(サイズ: 4.5 MB)

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー