iPhone 12の120Hzディスプレイ搭載は絶望的に

9月のイベントでiPhone 12が発表される可能性もほとんどない

Cristian lopez EMvMT54XVd0 unsplash

2020年の新型iPhone(iPhone 12)に120Hzディスプレイの搭載は見送られる可能性が高い。Apple情報を正確にリークしてきたJon Prosser氏によると、「iPhone 12」は今週、大量生産に移行したという。iOS 14.1をインストールする必要があり、10月半ばまで出荷することが不可能だと説明している。

Nikkei Asian Reviewも、「iPhone 12」は9月半ばから生産を開始すると報じていた

Appleは、日本時間9月16日2時からスペシャルイベント「Time Fliesを開催する。Apple Watch Series 6/SE、iPad Air、iPadは当日発表されるが、「iPhone 12」は今月のイベントでは発表されないとJon Prosser氏は指摘する。

BloombergのMark Gurman記者も9月のイベントでは「iPhone 12」は発表されないと予測。10月にiPhone、11月にMacに関する発表イベントを開催すると見られる。

「iPhone 12」は、5.4インチが1機種、6.1インチが2機種、6.7インチが1機種、合計4機種が発表される見通し。有機ELディスプレイと5G対応が共通仕様になると期待されている。新型コロナウイルスの影響により、4機種の発売時期は分散すると噂されている。

ストーリータイムライン
7本の記事を表示する
関連情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    今年のiPhoneはProと無印の差別化要素が減るということですね…
    Pro MotionディスプレイがProにも載らないとなると差別化要素はLiDARセンサー、望遠レンズ、ミリ波対応辺りがハイライトになるんでしょうから少し寂しい感じです

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索