iPhone購入者のうち、3人に1人以上がAndroidスマホからの乗り換え

Android to iPhone
Appleによると、前四半期は多数のAndroidユーザーがiPhoneへの乗り換えを決意したようだ。

本日、Appleの2015年第4四半期の業績発表が行われ、同四半期におけるiPhone購入者のうち、実に30%もの人がAndroidスマートフォンから乗り換えたことが明らかになった!

過去3ヶ月で1,440万人がAndroidから乗り換え?!

3人に1人以上のiPhone購入者がAndroidスマートフォンからの乗り換え。Tim Cook氏によると、これは過去最高であるとのこと。

昨年時点でもiPhoneが大画面を搭載したことにより多数のSamsungユーザーが乗り換えを検討していると報じられたが、今年はその波がさらに大きくなったのかもしれない。


Appleによると、前四半期において販売されたiPhoneの台数は4,800万台。そのうちの30%がAndroidスマートフォンからの乗り換えということは、単純計算で過去3ヶ月において実に1,440万人が乗り換えたということになる。想像以上に多い。

どのような理由ででAndroidから乗り換えているのか気になるところ。やはり大画面化がきっかけとなり、最終的には「みんなが使っているから私も」が決め手なのだろうか。

 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア


  • (via 9To5Mac

    もっと読みたい

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
    2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
    3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
    4. 初代iPhoneの初期プロトタイプが動作している映像がさらに公開
    5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ