Apple、Jony Ive氏との契約を解消か。30年以上の関係性に終止符

Jony Ive氏との契約料は1億ドル(約136億円)以上とされている

Apple keynote Tim Cook and Jony Ive iPhone XR 09122018

Appleは、同社の元CDOJony Ive氏とのパートナーシップ契約を解消した可能性がある。Jony Ive氏は2019年11月にAppleを正式に退社後も、自身のデザインファーム「LoveFrom」を立ち上げ。Appleを主要クライアントとして関係性を継続していたが、The New York Timesによると、契約更新を見送ったという。

Jony Ive氏は、言わずと知れたAppleのトップデザイナー。iPhone、Apple Watch、Mac、Apple Storeの店舗デザイン、Apple Parkの建築デザインなど、数々の製品デザインに貢献。最近では24インチiMacのデザインに関わっていたとされている。

AppleはJony Ive氏に対し、1億ドル(約136億円)に相当する対価を支払う契約を結んでいたが、Appleは契約料の費用対効果の正当性やAppleデザイナーが次々とLoveFromへと転職している状況に苛立っていた。一方でJony Ive氏は、Appleに縛られずにクライアントを選択できる自由を希望しており、両者の利害が一致せず契約更新を見送った。

噂によると、Jony Ive氏はApple Watchのローンチで意気消沈。Appleがデザイン中心の思想ではなく、Tim Cook氏を中心としたオペレーション中心の思想になっていることに不満があたったとされている。

Jony Ive氏の退社後、デザインチームはJeff Williams氏が管轄。インダストリアルデザインチームはEvans Hankey氏、ソフトウェアデザインチームはAlan Dye氏が指揮をとっている。

(Source: The New York Times via MacRumors

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年07月13日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索