Blackmagic Design、DaVinci Resolve 17.4 を発表 M1 Pro/Max MacBook Proに最適化

DaVinci Resoveの作業スピードが最大5倍高速化、8Kフッテージを最大12ストリームまで処理可能に

Davinci resolve 17 4 1

Blackmagic Design公式サイトよりキャプチャ

Blackmagic Designは10月21日、DaVinci Resolve 17.4発表した。M1 Pro/M1 Max MacBook Proで、DaVinci Resoveの作業スピードが最大5倍高速化。8Kプロジェクトの再生、編集、グレーディングがさらにスピードアップし、8Kフッテージを最大12ストリームまで扱えるという。

また12K Blackmagic RAWファイルのデコードが3倍以上になり、H.265のレンダリングが1.5倍に高速化。リアルタイムの顔認識、オブジェクト検出、スマートリフレーミングにおいて最大4倍の速度を発揮する。ProMotionディスプレイをサポートし、再生・編集が滑らかになり、新しいApple MacBook HDRディスプレイでHDRビューアもサポートする。

DaVinci Resolve 17.4はDropbox Replayも統合。DaVinci Resolve StudioからDropbox Replayへのプロジェクト・フローが円滑化し、ビデオの確認および承認が簡単になっている。

DaVinci Resolve 17.4の主な特徴

DaVinci Resolve 17.4の主な特徴は、以下のとおり。

主な機能

  • Apple M1 Pro/M1 MaxのApple ProResをハードウェアアクセラレート。
  • Apple M1 Pro/M1 Maxで120Hzをサポート。UIと再生が円滑化。
  • Mac OS 12のDaVinci Neural Engineパフォーマンスが高速化。
  • ネイティブHDRビューア(対応Macハードウェアのみ)。
  • Dropbox ReplayとDaVinci Resolve Studioでコメントおよび注釈を同期。
  • DropboxとDaVinci Resolve Studioでマーカーおよびコメントを同期。
  • タイムラインマーカーをYouTubeビデオまたはQuicktimeのチャプターとして書き出し。
  • Steinberg VST3をサポート。より幅広いオーディオエフェクトを使用可能。
  • 簡素化されたカラーマネージメント、SDR・HDRの選択、新しい自動プロジェクト設定。
  • フィルムハレーションなど、新しいResolveFXを追加。
  • 3Dキーヤーおよびマットフィネスコントロールを改善。
  • テキスト+ツールで、グリフの結合、縦のレイアウト、アラビア語やヘブライ語などの右から左のレイアウトをサポート。
  • M1のProResのデコードおよびエンコード、AIパフォーマンスが大幅に高速化。
  • 字幕背景の自動リサイズ、ネスト化したタイムラインの字幕を親タイムラインに展開。

Apple M1 Pro/M1 Maxのサポート

  • Apple M1 Pro/M1 MaxのApple ProResをハードウェアアクセラレート。
  • Apple M1 Pro/M1 Maxで120Hzをサポート。UIと再生が円滑化。
  • Mac OS 12のDaVinci Neural Engineパフォーマンスが高速化。
  • ネイティブHDRビューア(対応Macハードウェアのみ)。
  • Macのネイティブ・フルスクリーンモード。

Dropboxのコメント統合

  • DaVinci Resolveの環境設定でDropboxにログイン。
  • DropboxまたはDropbox Replayに直接レンダリング。
  • レンダリング完了時の自動背景アップロード。
  • Dropbox ReplayとDaVinci Resolve Studioでコメントおよび注釈を同期。
  • DropboxとDaVinci Resolve Studioでマーカーおよびコメントを同期。
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索