MacBook Proのグラフィック性能を大幅に強化してくれる外付けGPU「Blackmagic eGPU」が発売

Black Magic Design Apple Only eGPU

「Thunderbolt 3」ポートを搭載しているMacで利用できる外部GPUBlackmagic eGPU」がApple公式サイトで販売開始されている。

グラフィックプロセッサは、8GB GDDR5メモリ搭載の「Radeon Pro 580」を内蔵。これは、「iMac 5K」の2017年モデルのCTOでも選択可能なGPUと同じ。

「Thunderbolt 3」ポートを備えたMac上で圧倒的にパワフルなグラフィックスを体験できるように作られているとのこと。

85Wの「USB-C Power Delivery」に対応

搭載されているI/Oは、「Thunderbolt 3」ポートが2基、「USB 3.0」ポートが4基、「HDMI 2.0」ポートが1基となっていて、85Wの電力供給に対応。

「Thunderbolt 3」ポートが2基用意されていることから、1基は「MacBook Pro」本体に挿し、もう1基で「LG UltraFine 5K Display」を出力することが可能。これまでこの仕様に対応したeGPUは「AKiTiO Node Pro」のみだったが、今回はAppleと共同開発されたという新製品が登場した。

本体の他、「Thunderbolt 3」ケーブルが同梱されているが、0.5メートルという短さなので注意が必要。

価格は税別89,800円。Apple公式サイト限定の販売となっているので、「MacBook Pro」を持っている人、2018年モデルを購入した人はもちろんのこと、「Thunderbolt 3」ポートを搭載する「iMac」や「iMac Pro」を持っている人でグラフィック性能を強化したい人は購入を検討するべし!

あわせて読みたい