Googleマップ、車椅子対応の場所を表示可能に ベビーカー移動にも役立ちそう

車椅子対応の入り口が車椅子のアイコンで表示され、バリアフリーの座席、トイレ、駐車場の有無を確認できる

Waldemar brandt dR4t hIZlR8 unsplash

Googleは5月22日、Googleマップにバリアフリー対応状況が表示される「車椅子対応の場所」機能を発表した。「車椅子対応の場所」を有効にすると、車椅子対応の入り口が車椅子のアイコンで表示され、バリアフリーの座席、トイレ、駐車場の有無を確認できる。車椅子が通れないと判断された入り口がある場所も、マップに表示される。

「車椅子対応の場所」機能の利用方法は、アプリを最新バージョンに更新し、「設定」で「ユーザー補助設定」を選択し、「車椅子対応の場所」を有効化する。AndroidとiOSの公式アプリがサポートされ、随時提供される。

How to change google maps settings

Googleは2018年3月に、車椅子やベビーカーで利用可能な乗換案内を表示するオプションを追加している。

関連情報
公開日2020年05月22日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索