「CYCLE & STUDIO R Shibuya」、初体験!エアロバイクを漕ぎまくり、叫びまくり、カロリー消費しまくり!

Cycle and Studio R Shibuya 06

全力で運動して、大声で叫ぶと、たいていのストレスは解消される。根拠は僕。

ゴールデンウィークらしいことをしてみたいと思い、大学時代の先輩と新感覚ワークアウトスタジオ「CYCLE & STUDIO R Shibuya(サイクル & スタジオ アール 渋谷)に行ってみた。

爆音で流れる音楽に合わせてエアロバイクを全力で漕ぐ、というスタジオプログラムとしては「FEELCYCLE(フィールサイクル)」が有名だと思うが、店舗が渋谷にあり、体験も受け付けているということで、行ってみることに。ちなみにFEELCYCLEは2018年6月20日に渋谷店がオープンする。

グルメタウンのビルの5階、水は有料なので注意

「CYCLE & STUDIO R Shibuya」はみずほ銀行のビルの横、グルメタウンの入っているビルの5階にある。地下鉄〜であれば改札からそのまま上がって通うことができる。
Cycle and Studio R Shibuya 03

午前中のプログラムに参加して大量の汗を流し、6〜8階の飲食店でランチを食べて午後の予定を楽しむ、という優雅な週末を楽しむことができる。駅からも近いので、立地はとても良い。
Cycle and Studio R Shibuya 02

これが入り口。靴を袋の中にいれて受け付けを行い、ロッカールームに向かう。
Cycle and Studio R Shibuya 01

体験の場合は「トライアルチケット」を購入する必要がある。1回3,000円となかなかのお値段。ちなみにトライアルをできるのは1回だけ。カードは使えない。
Cycle and Studio R Shibuya 07

漕いで漕いで漕ぎまくる!音楽に合わせてひたすら漕ぐ!

実際にスタジオ内やロッカールームなどは基本的に撮影禁止となっていたため、写真はないが、店内はライブハウスのような雰囲気でクール。全体的に薄暗く、談笑している常連のような人たちもいつつも、トレーニングが好きそうな人たちが多かった。

ロッカールームにはシャワーが4つ用意され、ロッカーはダイアル式のロックが用意されている。ロッカーはそれなりのサイズなので多少大きい荷物でも入ると思うが、入らない場合はフロントで預かってくれるようだ。

衝撃的だったのは、水が有料だということ。浄水器が用意されず、水が欲しい場合は有料。それも1本110円。フィットネスジムとして水を有料にすることがあまりにも衝撃的だった。

水素水用の機械は用意されていたが、調べてみたところ、月額1,620円(税込み)かかるようだ。会員に無料というわけではないらしい。

ちなみに体験の場合、タオル(大/小) レンタル無料、ウェア(上/下)レンタル無料、水500mlが無料で提供される。

使用したエアロバイクは下記と同じ。エアロバイクのペダルに固定される専用のサイクリングシューズを履くため、足がペダルに固定された状態で漕ぐことに集中できる。(下記エアロバイクは受付スペースに展示してあり、写真撮影の許可をもらった。)
Cycle and Studio R Shibuya 05

中央にあるスマホスタンドのようなものがディスプレイとなっていて、心拍数や負荷などが確認できるようになっている。
Cycle and Studio R Shibuya 04

そんな衝撃的事実に唖然としつつも仕方なく水を追加で購入し、サイクルプログラムの体験に参加。このスタジオのイチオシは「VRサイクル」となっていて、巨大なスクリーンを前に全力で自電車を漕ぐ、という内容となっているが、認識の違いで申し込んだ内容は「RPM」という、インストラクターを前にしてエアロバイクを漕ぐというトレーニングプログラムだった。

確かに「VRサイクル」は体験してみたかったものの、爆音の音楽に合わせて全力で自転車を漕ぐという体験は過酷であり、楽しかった。何よりも大音量で音楽が流れ、トレーナーたちも歌ったり叫んだりしながらみんなを鼓舞するので、ものすごくストレス発散になった。

トレーナー達がマイク越しに色々と指示を出してくれるのだが、イマイチよく聞こえなかった。前から2列めのど真ん中だったが、聞き取れなかった。

部屋の中は基本的に暗くなっているが、周りはそれなりに見える。ただし、エアロバイクを必死に漕いでいるため、周りを見ている余裕は全くない。必死な顔をして運動している姿が見られるのが恥ずかしい、という人でも安心だ。女性に人気なのはこれが理由かもしれない。

トレーニング後、Apple Watchで確認してみたところ、僕の消費カロリーは400kcal程度。HIITトレーニングように休憩がほぼない高インターバルトレーニングをぶっ続けで行うため、疲労は凄まじいが、満足度も高い。

水が有料ということを除けば、とても良かった「CYCLE & STUDIO R Shibuya」。渋谷徒歩1分という立地は素晴らしく、継続する上で最も重要だと感じる通いやすさの条件は満たしている。

最近はフィットネス・ブーム。黙々とウェイト・トレーニングをするのも楽しいが、このようなスタジオプログラムが中心となっているジムもチェックしてみてはいかがだろうか。

関連記事