12.9インチ型「iPad Pro」、感圧タッチ対応のスタイラスペンを用意か?!10月までに量産開始へ

Ipad pro 12inch stylus
【非公式】12インチ型iPadとスタイラスペンのコンセプトイメージ

やはり今年は現行のiPadよりも一回り大きいモデルが登場するようだ!

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、以前から噂されている12.9インチ型「iPad Pro」は9月または10月中に量産を開始すると予想している!また、同デバイスは感圧タッチ(Force Touch)対応のスタイラスペンが用意されると指摘している!

発表はiPhoneの発表と同時?!それとも11月になるか?!

12.9インチ型ディスプレイを搭載する「iPad Pro」は遅かれ早かれ発表される可能性が高い。というのも、既に「iOS 9」内部には現行モデルよりも大きいディスプレイが搭載されていることを前提としたiOSデバイスを想定した記述が発見されている

Appleが今更iPad用にスタイラスペンを用意するということ自体、極めて邪道であるように感じる人も多いかもしれないが、「iPad Pro」が大衆向けではなく、法人や教育現場を想定して作られているデバイスであることを考慮すると、スタイラスペンが用意される可能性は十分にある。

Kuo氏は以前にも「iPad Pro」がスタイラスペンが用意されると主張しているが、同氏以外にもAppleInsiderもスタイラスペンの存在は指摘されている。

今回報じられた情報としてとても興味深いのはスタイラスペンそのものが感圧タッチに対応しているということ。

Ipad pro 12inch stylus
【非公式】12インチ型iPadとスタイラスペンのコンセプトイメージ

iPhone 6s」ならびに「iPhone 6s Plus」は感圧タッチに対応する可能性が高いと指摘されているが、「Apple Watch」が既に対応し、Macも12インチ型MacBookや13/15インチ型「MacBook Pro Retina」も感圧タッチに対応している。当然、この流れからするとiPadも感圧タッチに対応する可能性は高いが、あえてディスプレイではなくスタイラスペンに対応させたのはなぜだろうか。

一説によると、ディスプレイサイズが大きすぎるため、タッチ精度を高めるためにもディスプレイ側ではなくスタイラスペン側で同じ反応を得られるようにしているのではないかという噂もある。感圧タッチディスプレイを搭載する技術的なハードルは全く分からないが、妙に納得してしまう。

そういえば以前、タッチパネルの感度を向上させる「銀ナノワイヤー」が採用されるという噂もあった。これはスタイラスペンとの併用を想定した上で採用された技術なのかもしれない。

12.9インチ型「iPad Pro」が10月までに量産開始するとなれば、9月に開催が噂されている次期iPhoneの発表イベントではなく、以前報じられた11月のスペシャルイベントで披露される可能性の方が高い

現行モデよりもさらに大きくなり、Macの領域に踏み込みつつある「iPad Pro」。果たして「大きい」以外に何ができるのか、注目だ。

「iPad Pro」は12.2インチ型、「Surface Pro 3」に対抗か?!

12インチ型「iPad Pro」に関する最新情報が明らかに!「画面分割マルチタスク」や「複数ユーザーログイン」に対応か?!

12インチ型iPad、次期IGZOディスプレイを採用か?!


(via MacRumors