【レビュー】MacBookの拡張性を強化!Anker製USB-C対応USBハブで周辺機器も有線LANも思い通りに

Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ USB

買って以来、サブマシーンとして活躍している12インチ型MacBook15インチ型「MacBook Pro Retina」を持ち運ぶほどではないが、念のために作業ができるMacを持ち歩きたい、という僕の用途にピッタリなマシーンだ。

薄くて、軽くて、そこそこ作業ができる。モバイルデバイスとしては申し分無いが、いざ外部機器と連携しようとするときに「USB-C」ポート1つのみという拡張性の低さには絶望的な気持ちになる。

そこで、先日Ankerから発売開始された「Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ」を1本購入してみることに。これがあれば「USB-C」ポートから最大3つのデバイスにUSB接続できる他、イーサーネットコンバーターが用意されているため、有線LANを使用することもできるのだ!

早速紹介する!

MacBookとの相性は抜群!欠点は長すぎるケーブル

モバイルバッテリーや急速充電器など、Anker製品と言えばスマートフォン向け商品の方が注目されているかもしれないが、実はコンピューター向け製品も侮れない。以前紹介した「USB 3.0」対応4ポートハブはコストパフォーマンスも高く、Macにも合うデザインで気に入っている。

今回購入した「Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ」は青と白を基調としたパッケージで送られてきた。大きいAnkerのロゴが目を引く。
Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ USB

開けてみると裏蓋には「Thanks for choosing Anker!」の文字が。プラスチックの包装紙に包まれたUSBハブが青い箱に入っている。
Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ USB

これがAnkerから発売された、「USB-C」接続で使用できる「USB 3.0」ハブだ!いつも通りシンプルな作りでMacとの相性も良さそう!
Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ USB

イーサーネットケーブルを挿す部分。Macであれば使用するためのドライバも不要で、有線ケーブルを接続するだけでネットに接続することが可能(注:インターネット環境によってはDNSやPPPoEの設定が必要な場合もある)。
Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ USB

用意されているUSBポートはすべて「USB 3.0」。接続したデバイスと高速に通信することが可能だ。
Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ USB

現段階で欠点があるとすればケーブルが長すぎるということだろうか。どう考えてもこの3分の1の長さで十分だ。「ちびファイ2」のような超コンパクト設計でも良いぐらいだ。
Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ USB

真っ赤な薄型ケースを付けた僕の12インチ型MacBookに接続してみた。非常に良い。
Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ USB

接続部分も「USB-C」ポートにしっかりと収まり、簡単に抜け落ちる心配もない。
Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ USB

実際にモバイルバッテリーと「iPhone 6 Plus」を同時に充電できるか試してみたところ、問題なく使用することができた。写真には無いがイーサーネットポートも有線ケーブルを接続したことによってすぐに認識した。
Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ USB

12インチ型MacBookユーザーは1本あると便利

これまで僕は12インチ型MacBookを外部機器に接続することは皆無だったが、「Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ」を手に入れたことによって定期的にバックアップを取ることも容易になった。

また、出先でMacBookを活用している人にとって、宿泊先に無線LANはなく有線LANしかない、という環境でもこのケーブルが1本あれば心配無用!有線LANをハブの末端に差し込み、快適なインターネット環境を利用することができる。

概ね満足しているAnker製「USB-C」対応USBハブだが、2つ欠点がある。1つは先程も書いた通り、ケーブルが長すぎること。もう1つは「USB-C」ポートがハブ側に搭載されていないため、MacBook本体を充電しながら外部機器に接続するということができない、ということ。「有線LANを使って大きいファイルを転送中……なのに電池持ちが残り1%しかないから……充電……できない!」という状況が起こりうるのだ。

充電しながら使用することができないものの、そういうものだと割り切ってしまえばそれほど困ることはない。ファイルの転送も本体の電池残量が多い時に行えば問題ない。

12インチ型MacBookの理想通りすべて無線経由で完結できれば良いが、そうもいかないのが現実。1本あると便利なので、MacBookユーザーは購入を検討してみてはいかがだろうか!

FOLLOW / 最新情報を購読