6.1インチ型iPhone、初回販売分の在庫は不十分である可能性

iphone 6.1

iPhone Xc」や「iPhone Xr」などの名称になると噂されている6.1インチ型iPhoneは、初回販売分の在庫は限定的になる可能性があるBloombergが報じている。

液晶ディスプレイのバックライトに関する製造上の問題が発生していることが理由とされている。これらのことから、同モデルは発売直後、入手困難になる可能性がある。

名称は「iPhone XS/XS Max」「iPhone Xr」になると主張

最新の噂によると、次期iPhoneの名前は「iPhone XS」「iPhone XS Plus」「iPhone XC」になると報じられ、個人的にもこのネーミングには安心感があると思っている。

ところが、Bloombergは、新型iPhoneの名称は「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone Xr」になると主張。以下に語られているそれぞれの特徴について紹介しておく。

「iPhone XS」

iPhone X」のアップグレードモデル。5.8インチディスプレイを引き続き採用し、高速化されたプロセッサと性能が向上したカメラを搭載。

外観は「iPhone X」と同じ。ゴールドモデルが追加され、シルバーとグレーと合わせて3色展開に。

iPhone XS Max

iPhone X」の6.5インチモデル。「iPhone 8 Plus」よりもディスプレイサイズが大きいことから、「Plus」ではなく「Max」というネーミングにするとのこと。

「iPhone Xr」

6.1インチ型の液晶ディスプレイを搭載。「iPhone X」の低価格モデルで、新モデルのヒットモデルになる可能性。

ステンレススチールではなくアルミニウムのフレームを採用し、複数のカラー展開が用意されている。

iPhone以外の製品の発表

他にもAppleが今秋発表を予定している製品についても触れられている。すべて過去に報じた内容なので、復習がてら目を通してみるべし。

なお、ここにある製品がすべて9月に発表されるわけではない、と指摘している。

Apple Watch

次期iPhoneと同時に発表される可能性が高い、次期Apple Watch

ディスプレイが大型化され、ほぼエッジ・トゥ・エッジになり、一度により多くの情報が確認できるようになるとのこと。

「AirPowerマット」

iPhone、Apple Watch、AirPodsを同時に充電することができるApple純正のワイヤレス充電台は、早ければ今月中に発表される見通し。

新型「MacBook

13インチ型のRetinaディスプレイを搭載した、「MacBook Air」の後継機種として位置づけられている新型「MacBookを準備中。コンシューマーや教育機関がターゲット。

新型「iPad Pro

ホームボタンを廃止し、薄型化されたベゼルと「Face ID」を採用した新型「iPad Pro」は11インチモデル12.9インチモデルが発表されるとのこと。

新型「Mac mini

4年ぶりのアップデートが期待される「Mac mini」は、グラフィックデザイナーやその他プロユーザーをターゲットとしたマシーンになる模様。