iPhone 13 miniの電池持ちが1時間伸びても、iPhone 13 Proを選ぶであろう理由

iPhone 13シリーズの機種選び、みんなはどうする?

Iphone12PAR56842 TP V

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、まもなく発表される。昨年のiPhone 12シリーズと比べて見た目に劇的な変化はなさそうだが、ノッチの小型化、カメラ性能の向上、ディスプレイ性能の向上などが噂されており、iPhoneをハードに使う人ほど進化の恩恵を受けられそうだ。

用意されるモデル数は、昨年と同じ4機種。ガジェット好きの期待に反して売れ行きが芳しくなかったiPhone 12 miniの後継機種(iPhone 13 mini)も用意されるが、5.4インチモデルは今年で終了するとの噂だ。片手サイズを購入するなら今年がラストチャンスになるだろう。

僕もiPhone 12 miniに期待して購入したが、いくつかの理由によりiPhone 12 Proを選んだ。この経験を踏まえて、僕が「iPhone 13 Pro」を狙っている理由を解説する。あくまでも噂ベースではあるが、すでに「iPhone 13 mini」と「iPhone 13 Pro」で悩んでいる人がいれば参考にしてもらいたい。

iPhone 12 miniを使用して感じた3つの不満

画面が思っていたよりも小さく感じた

Using iPhone 12 mini in real life review 13

iPhone XiPhone XSiPhone 11 Proと渡り歩いてきた僕としては、iPhone 12 miniの画面サイズは想像よりも小さく感じた。表示される情報量に大きな差はないが、物理的に小さいことで画面が窮屈に感じた

望遠レンズを使いたくなるシーンが多かった

iPhone 12 miniに乗り換えた当初は、望遠レンズが無くても困らないと思っていた。望遠レンズは使わずデジタルズームでも十分だと思っていたが、ワンタップで2倍ズームできるUIに慣れていると使いづらかった。

またポートレートモードで望遠レンズを使用した画角が使用できないことも、想像していたよりも不便だった。

電池持ちが悪い

最大の欠点は、電池持ちの悪さ。これまで通り1日使おうとすると、夕方には20%以下になっていた。Macで作業している時間が長い日でも、電池残量に余裕を持って過ごせた日はなく、電池切れの心配が絶えなかった。

iPhone 12 miniが良かった点もある

デメリットがメリットを上回ったためiPhone 12 Proを使用することになったが、iPhone 12 miniの良かった点も挙げておきたい。

小さくてコンパクト、持ち運びが苦じゃない

毎年大きく、重くなっているスマートフォン市場の流れに逆行した、5.4インチのコンパクトサイズと133gの軽さは気に入っていた。ケースを付けても重さを感じづらく、胸ポケットに入れても目立たない。薄手のパンツポケットに入れても邪魔にならず、タイトなジーンズにも簡単にねじ込める。

片手操作に無理がない

Using iPhone 12 mini in real life review 05

iPhone 12 miniを手にして、無理なく片手操作ができる快適さが再確認できた。これまでは「なんとか片手操作ができる持ち方」で実現していたが、iPhone 12 miniは自然と画面全体を操作できる。

自然と脱スマホできる

iPhone 12 miniの電池持ちが悪いからこそ、自然と脱スマホできている時期があった。うまく活用できていなかったiPad mini 5やiPad Proを使うようになったり、ダラダラとSNSを見る時間を削れたりするようになった。iPhone 12 Proに乗り換えた後も、これらの習慣は続いている。

それでもiPhone 13 Proを狙っている理由

iPhone 12 miniの魅力を踏まえた上で、「iPhone 13 Pro」を狙っている理由をまとめた。

電池持ちが期待できる

「iPhone 13 Pro」は120Hzディスプレイをサポートすると噂されているが、「A15 Bionic」チップの性能向上やバッテリー容量の増加により、電池持ちは長くなると噂されている。iPhone 12 Proよりも長く使い続けられると期待したい。

iPhone 13 mini」も同様の理由で、電池持ちが1時間長くなるとの噂だ。残念ながら1時間伸びてもiPhone 12 Proには及ばない。電池持ちを重視するならば、「iPhone 13 mini」以外の機種を選んだほうが良いだろう。

望遠レンズはやっぱり使う

iPhone 12 Pro Camera

「iPhone 13 Pro」の望遠レンズは、iPhone 12 Pro Maxと同じ光学2.5倍ズームに対応するとの噂だ。画角が変わるため慣れに時間は掛かりそうだが、従来より圧縮感のある画角が楽しめそうだ。

やっぱりカメラ性能はProのほうが優れている

「iPhone 13 Pro」は3つのレンズに加えてLiDARセンサーを搭載する。レンズが1つ少なくLiDARセンサーのない「iPhone 13」や「iPhone 13 mini」と比べると、写真性能の差は必ずあるはずだ。

iPhoneのカメラは、僕にとって重要なサブカメラ。カメラ性能は、日頃の操作性を犠牲にしない範囲で最高峰のものを選びたい。「iPhone 13 Pro」は、センサーの改良動画性能の向上、AIを活用したフィルターの追加などが噂されている。

120Hzディスプレイが楽しみ

「iPhone 13 Pro」は120Hzディスプレイを搭載する可能性が高い。テック界隈では期待されている新機能で、一度体験すると60Hzには戻れないそうだ。現在のディスプレイに不満はないが、期待値は上がっている。

ギリギリ片手で使える

Using 5G Networks in Japan around Shibuya with iPhone12Pro 06

「iPhone 13 Pro」のサイズは、iPhone 12 Proと変わらないと見られる。スペックで選ぶなら「iPhone 13 Pro Max」一択だが、片手操作するシーンは何かと多い。ディスプレイサイズ、カメラ性能、操作性などのバランスを踏まえると、「iPhone 13 Pro」が自分に最も合っているだろう

iPhone 13の発表イベントは日本時間9月15日

Appleは、日本時間9月15日午前2時からスペシャルイベント「California Streaming」を開催する。「iPhone 13」をはじめ、「Apple Watch Series 7」や「AirPods 3」も発表されると予想されている。

「iPhone 13」シリーズのどれを選ぶかは、当日の発表を見てから改めて決めよう。

公開情報
更新日2021年09月12日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:609731)

    11proからの移行で悩んでいたカメラはやはり不便になりました。
    画面が小さくて困ることはないけど、小ささ軽さの恩恵は買ったときにそこそこ感じる程度で、何よりもバッテリー持ちに困りました。
    半年程度使用してサブ機だった11proをメインに戻したりもしました。

    今年はバッテリーとカメラでProMaxを検討したいと思ってます。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:609709)

    Proシリーズはもう少しでいいから軽くなってくれれば言うことないんですよね…

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索