「iPhone 6s/6s Plus」のホームボタン発熱問題、「触れないほど熱い」

IPhone 6s Plusの外観レビュー

発売開始されてから2週間が経とうとしている「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」。僕は「iPhone 6s」を経て「iPhone 6s Plus」に乗り換えることを決意したが、どちらの端末もとても満足している。

ただ、良いことばかりではない。やはり発売開始直後のモデルには様々な不具合が報告されている。

中でも深刻なのがホームボタンの発熱問題。高速化された「Touch ID」の恩恵を受けるはずが、一部ユーザーは熱すぎて触ることさえもできない状態の人もいるようだ!

国内外で「Touch ID熱すぎる問題」が報告されている

これはApple公式の不具合報告掲示板「Apple Support Communities」でも多数報告されているが、Twitterでもホームボタンが熱すぎて触ることができないと訴えている人も発見。

さらに、国内でも買ったばかりの「iPhone 6s」が熱すぎるとの報告が見られる。これらの現象に見舞われている人は共通して画面が真っ黒になったり勝手に電源が落ちることも報告している。本体内部がショートしてしまっているのだろうか。

現状、対処法としては強制的に再起動する他ないMashableがAppleにこの不具合について問い合わせたところ、「把握していなかった」との回答が得られたそうだ。

いくら何でもホームボタンが使えないようでは困るので、一刻も早くアップデートによる対応または端末の交換に応じてくれることを願う。


(via 気になる、記になる…