「iPhone 6s」の「3D Touch」を利用して重さを測るアプリが話題

Plum O Meter
「3D Touch」はユーザーがどの程度ディスプレイを押したのかを感知することができる。従来のマルチタッチに加え、「軽く押す」「深く押す」という「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」限定の新しい操作方法だ。


「iPhone 6s」の「3D Touch」を利用して重さを測るアプリFlexMonkeyが公開し、話題になっていたので紹介する!

どちらのすももが重いのかを測定できるアプリ

次世代マルチタッチとして発表された「3D Touch」だが、考えようによっては「Peek」と「Pop」以外の活用方法もあるようだ。

FlexMonkeyは「iPhone 6s」の上に2つのすももを載せることによってどちらの方が重いのかを測定できるアプリ「Plum-O-Meter」を公開。あくまでも相対重量測定アプリであり、実際の重さは測定できないようだが、それでも十分面白い。



残念ながらJailbreakされたiPhoneでしか利用できないようだが、「3D Touch」をこのような使い方をするとはAppleさえも想定していなかっただろう。このような斬新なアプリがこれからも登場することに期待したい!

Xiaomi、Samsungに続き「3D Touch」に似た感圧タッチ技術を採用か


Samsung、自社スマホに「3D Touch」と似た感圧タッチ技術を採用か


Xiaomi、Samsungに続き「3D Touch」に似た感圧タッチ技術を採用か


(via Cult Of Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  2. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  3. 「iPhone 7/7 Plus」および「Apple Watch Series 2」、日本の衛星測位システム「QZSS」に対応
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に