楽天とウォルマート、提携を発表ーー日本でネットスーパー事業を開始へ

Rakuten walmart news

楽天は1月26日、世界最大のスーパーマーケットチェーンであるウォルマートと戦略的提携発表した

この提携は両社の強みを活かしたユーザーへのリーチ拡大およびサービス向上が目的。2018年度第3四半期(7-9月)に、日本におけるネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」の協働運営を開始し、ウォルマート社の実店舗や「Walmart.com」で、「楽天Kobo」の提供する電子書籍やオーディオブック、電子書籍リーダーなどを、量販店として独占販売する。

「楽天西友ネットスーパー」を2018年9月までにスタート

「楽天西友ネットスーパー」は、楽天とウォルマートの日本子会社である合同会社西友による協働運営。新会社設立し、配送能力の拡大、品揃えの拡充、利便性の強化を行う。

配送は、西友の実店舗からの配送に加え、2018年内にネットスーパー専用の配送センターを設け、配送件数を大幅に拡大する。

品揃えは、西友の強みである「質」と「低価格」の両方を実現した商品を提供する。生鮮食品や日用品だけでなく、昨今の時短ニーズに対応したカット野菜や半調理食品、ミールキットなどの簡便商品の品揃えを拡充するとともに、楽天ならではのお取り寄せグルメも取り揃えることを発表している。

利便性の強化は、楽天が培ってきたECノウハウを活用した、ユーザーにとって利便性の高いサイト構築をはじめ、ビッグデータやAIを活用した最適な商品の提案するとのこと。

さらに、strong>「楽天スーパーポイント」を「楽天西友ネットスーパー」に導入し、ポイントを貯めたり使ったりできるようにすることも明らかにしている。