5K2K解像度の34インチ型ウルトラワイドディスプレイが最強な理由

ウルトラワイドディスプレイの中でも、「5K2K」と「34インチ」の組み合わせの魅力を解説する

34WK95U W Review Best Ultrawide Display Ever 03

ゴリミーの作業環境において欠かせない存在は、5K2K(5120 x 2160)解像度の34インチ型ウルトラワイドモニター34WK95U-W」。現在は14インチMacBook Pro(2021)を接続しメインの作業ディスプレイとして使っている。

動画編集、リモートワーク、ゲーミングなどの需要増加に伴い、ウルトラワイドモニター外部ディスプレイに選ぶ人は増えてきた。34WK95U-Wはウルトラワイドモニターの中でも高価な部類に入るが、自分の仕事内容およびデスクスペースに最もマッチした製品であると確信している。

ウルトラワイドモニターの魅力

34WK95U-Wの魅力を伝える前に、外部ディスプレイを使う理由とウルトラワイドモニターの魅力を解説する。

外部ディスプレイを使う理由

僕はMac1台で完結することを大前提としており、デスクトップ型は選択肢から外れるためMacBook Proがメインマシーン。現在はM1 Proチップを内蔵した14インチモデルを使っている。

MacBook Pro単体での作業も快適だが、何時間も内蔵ディスプレイに向かっていると首や肩への負担が大きくなる。仕事は身体が資本。外部ディスプレイは必要不可欠だ。14インチに比べて作業領域は広くなり、複数のウィンドウを表示しながら作業する際の作業効率は大きく向上する

外部ディスプレイの魅力が分かると、欲は増す一方だ。外部ディスプレイだけではなく、外付けキーボードやマウスを導入し、MacBook Proをスタンドに載せればデュアルディスプレイ環境に進化する。外部ディスプレイをさらに追加すれば、トリプルディスプレイ環境の出来上がり。MacBook Proをクラムシェルモードにしてスタンドに立て掛ければ、スッキリとしたデスクトップ環境になる。

しかし複数ディスプレイを導入すると、配置の問題に当たる。ハの字型に置くと左右対称で綺麗だが、目の前がディスプレイの境界線になる。またモニターアームを導入するにしても、配置や配線の手間が増える。

GoriMe Workspace 2020 January 04 2
左右対称で美しいが、目の前に境界線が来る

ウルトラワイドモニターの魅力

そこでウルトラモニターが選択肢に浮上する。

一般的なディスプレイのアスペクト比は16:9だが、ウルトラワイドモニターは21:9。横長になり2枚目の外部ディスプレイを用意することなく、作業領域を広くできる。本体サイズは大きくなるが、27インチの外部ディスプレイを横並びで2枚使うより省スペースになることが多い。

映像編集をする人はタイムラインを大きく表示しながら、プレビュー画面を広く取れる。通常のデスクワークをするような人でも作業領域が広くなることで、複数のアプリケーションやウィンドウを同時に表示できる

ウルトラワイドモニターの弱み

しかし多くのウルトラワイドモニターには致命的な欠点がある。ディスプレイが物理的に大きくなる代わりに解像度が引き伸ばされるため、ピクセル密度(DPI)が低くなる

ピクセル密度は、ディスプレイサイズと解像度で決まる。ディスプレイが小さく解像度が高ければ高くなり、ディスプレイが大きくなり解像度が低ければ低くなる。数値が高ければ高いほど、文字がクッキリと表示される。

14インチMacBook Proのピクセル密度は254ppi。表示スペースを最も拡大した状態でも151.15ppiだ。このピクセル密度を大きく下回ると、内蔵ディスプレイより文字が滲んで見えてしまう。

例えば34インチ型の「34WN750-B」は解像度が3440 x 1440。ピクセル密度は約109.68ppiになる。5K2K解像度を持つ「49WL95C-WE」は、49インチもあるため、ピクセル密度は108.54ppiとなる。

27インチ型4Kディスプレイは163.18ppi。49インチ型5K2Kディスプレイと同じスクリーンショットを比べると、27インチに比べて滲んで見えるだろう。実物の違いは顕著で、49インチ型5K2Kディスプレイを導入したがピクセル密度の壁は超えられず、返品した。


左が49インチ、右が4K

34WK95U-Wの魅力

ウルトラワイドモニターは、横長でデュアルディスプレイのような広い作業領域が魅力だが、ピクセル密度が低く文字が粗く見える。物書きとしては致命的だ。長時間見ていると視力が落ちる気さえもする。

ウルトラワイドモニターの問題を解決したのが、現在愛用しているウルトラワイドモニター「34WK95U-W」だ。

ピクセル密度が27インチ型4Kディスプレイと同じ

最大の魅力は、163.44ppiのピクセル密度。表示スペースを最も拡大した14インチMacBook Proよりも高密度で、27インチ型の4Kディスプレイと同等だ。ウルトラワイドモニター最大の弱点を克服しており、文字の粗さは全く気にならない

サイズ感がちょうど良い

34WK95U-Wのサイズは、27インチ型4Kディスプレイと高さはほぼ同じ。ピクセル密度も変わらないことから、実質的に「横長になった4Kディスプレイ」だ。

このサイズ感が絶妙に良い。27インチ型4Kディスプレイを2枚並べると、左右の視線移動で首が疲れる。かと言って4Kディスプレイ1枚では作業スペースが足りない。「もう少し作業スペースがほしい」が「ピクセル密度を妥協したくない」が共存する、数少ないディスプレイなのだ。

34WK95U W Review Best Ultrawide Display Ever 04
画面スペースの活用方法、表示するアプリのイメージ

ディスプレイ品質も不満なし、輝度も高く快適

ディスプレイとしての品質も優れている。Nano IPSパネルを採用し、DCI-P3の色域98%、sRGB135%をカバー。ハードウェアキャリブレーションもサポートする。VESA規格のDisplayHDR 600に対応し、ピーク輝度600cd/㎡を実現している。

リフレッシュレートは最大60Hzとなっており、高リフレッシュレートを必要とする人には向かないが、僕は14インチMacBook ProのProMotionを切って運用しているため問題ない。

Thunderbolt 3ポート搭載、85Wの給電に対応

Thunderbolt 3端子を搭載しており、85WのPower Deliveryをサポート。14インチや13インチのMacBook Proであれば、ケーブル1本で充電とディスプレイ出力が可能だ。

34WK95U-W レビュー:品質、サイズ、ピクセル密度が絶妙

34WK95U W Review Best Ultrawide Display Ever 02

Macのディスプレイは、仕事道具において最も重要なツールの1つだ。毎日使い、作業効率に大きなインパクトを与えるため、高額でも投資価値は十分にある

34WK95U-Wは16万円以上するが、ディスプレイ品質、サイズ、ピクセル密度など、すべてにおいて満足している。27インチ型4Kディスプレイ1枚では不足だが、2枚使うには場所が足りない人に最適なディスプレイだ。

同梱されているモニタースタンドは場所を取る。可能であれば耐荷重要件を満たすエルゴトロン LX デスクマウントなどのモニターアームを合わせて購入し、設置したほうがデスク周りもスッキリするだろう。

物理的なサイズが必要なら39.7インチ型5K2Kもあるが、23万円以上

34WK95U-Wよりも大きいディスプレイがほしい場合は、DellのU4021QWがおすすめ。ディスプレイサイズは39.7インチの曲面型で、sRGBは100%、Rec.709は100%、DCI-P3は98%をカバー。最大90Wの給電が可能なThunderbolt 3ポート、USB-Cポート、Ethernetポートなどが用意されており、ディスプレイをハブのように使用できる。

ピクセル密度は140.68ppiとなっており、34WK95U-Wに比べてわずかに粗くなるが許容範囲だろう。ピクセル密度よりも物理的なサイズを優先したい場合に検討してもらいたい。

34WK95U-W
9.0/10
特集
公開情報
更新日2021年12月28日
コメント(7件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. たろー(コメントID:619935)
    コメント先:g.O.R.i(コメントID:619914)
    色味は、そんなに違いは感じていないと言いますか、特に不満はない感じですね!5K2Kで現像してiPhoneやMacで見て「なんじゃこりゃあ!?」みたいな仕上がりになったこともないですし(気付いてないだけだったりしてw)、本当にシビアに調整するならハードウェアキャリブレーションするのもいいかもですね! ちなみに僕は明るすぎるディスプレイが目に負担が掛かるイメージを勝手に持っているので、やや暗めに設定しています!MacBook Proで言うと、半分以下の輝度。長時間ディスプレイを見ているので、快適!

    ありがとうございます!
    めちゃくちゃ参考になります😭😭😭
    私は色の多少の誤差も気にしないタイプなので大丈夫そう🙆‍♂️
    発色も輝度も申し分なさそうで、安心して購入できそうです!
    ホント田舎住みで、実機が近くにないのでレビュー助かります。
    感謝🙏

  2. 通りすがりの読者(コメントID:619927)
    コメント先:g.O.R.i(コメントID:619913)
    遅くなりました!真ん中の解像度設定の3360 x 1418にしていますね!5K2Kそのままにはさすがにしないですね、文字も小さすぎて見れないですし……w

    >>真ん中の解像度設定の3360 x 1418
    回答ありがとうございます。
    ですよね〜。
    参考にさせて頂きます!

  3. g.O.R.i(コメントID:619914)
    コメント先:たろー(コメントID:619886)
    記事めちゃくちゃ参考になりました! goriさんの記事、信頼できるので、こういうレビューとても助かります。 34WK95U-Wをすでに買うか検討中...🤔 唯一色味だけが気になる点で、MacBook Proと比較して色味の傾向、発色の濃度等も主観でいいので教えていただけないでしょうか?

    色味は、そんなに違いは感じていないと言いますか、特に不満はない感じですね!5K2Kで現像してiPhoneやMacで見て「なんじゃこりゃあ!?」みたいな仕上がりになったこともないですし(気付いてないだけだったりしてw)、本当にシビアに調整するならハードウェアキャリブレーションするのもいいかもですね!

    ちなみに僕は明るすぎるディスプレイが目に負担が掛かるイメージを勝手に持っているので、やや暗めに設定しています!MacBook Proで言うと、半分以下の輝度。長時間ディスプレイを見ているので、快適!

  4. g.O.R.i(コメントID:619913)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:619863)
    goriさんは、34WK95U-Wにて、ディスプレイ解像度はいくつにして使用していますか? 5120×2160だと、さすがに見えないと思うのですが…

    遅くなりました!真ん中の解像度設定の3360 x 1418にしていますね!5K2Kそのままにはさすがにしないですね、文字も小さすぎて見れないですし……w

  5. たろー(コメントID:619886)

    記事めちゃくちゃ参考になりました!
    goriさんの記事、信頼できるので、こういうレビューとても助かります。
    34WK95U-Wをすでに買うか検討中…🤔
    唯一色味だけが気になる点で、MacBook Proと比較して色味の傾向、発色の濃度等も主観でいいので教えていただけないでしょうか?

  6. 通りすがりの読者(コメントID:619883)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:619863)
    goriさんは、34WK95U-Wにて、ディスプレイ解像度はいくつにして使用していますか? 5120×2160だと、さすがに見えないと思うのですが…

    作業領域広さとピクセル密度を気にしているようなので、そのまま受け取るなら5K2K表示ではないのでしょうかね?

  7. 通りすがりの読者(コメントID:619863)

    goriさんは、34WK95U-Wにて、ディスプレイ解像度はいくつにして使用していますか?
    5120×2160だと、さすがに見えないと思うのですが…

「Mac用ディスプレイ」新着記事
トレンド検索