ソフトバンクオンラインショップ

A14Tチップを内蔵したAppleシリコンiMac、2021年前半に登場か

Appleが独自開発したA14ベースのGPUも内蔵か

Devon janse van rensburg Y 2niQFOJpo unsplash

Appleは、AppleシリコンのiMacモデルを2021年前半に発表する可能性がある。工商時報がA14チップの開発タイムラインを公開した。

AppleシリコンiMac”デスクトップ・クラス”の「A14T」チップを内蔵し、コードネームは「Mt. Jade」。Appleが独自に開発したGPU(コードネーム:Lifuka)も内蔵し、いずれもTSMCの5nmプロセスを採用するそうだ。

工商時報によると、Appleシリコンの12インチ型MacBook用として「A14X」チップ(コードネーム:Tonga)はすでに量産が開始されており、2020年末までに登場するという。本体は1kg以下、電池持ちは15〜20時間になると報じている。

Roadmap for apple silicon devices
工商時報より

Bloombergは、AppleシリコンMacが8つの高性能コアと、4つの高効率コアを内蔵した12コアチップになると伝えていた。iPhone 12のA14 Bionicチップは、6コアのCPU、4コアのGPUで構成された10コアチップだ。

Apple情報を正確にリークしてきたJon Prosser氏は、Appleシリコンを搭載した初のMacは、13インチ型MacBook Proになると指摘。Appleに詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏も、Appleシリコンを搭載した13インチ型MacBook Proが年内に発表されると予測している

Appleは11月17日に、AppleシリコンMacに特化した発表イベントを開催するとの情報もある。

(Source: 工商時報 via MacRumors

ストーリータイムライン
14本の記事を表示する
関連情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. ニックネーム(任意)

    14じゃなくて、13なのか…

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索