Apple、3種類の未発表Macを認証機関に登録

M2 MacBook Proと新型Mac miniを示唆している可能性

MacBookPro and Macmini

Appleが、未発表のMacをユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission = EEC)のデータベースに登録した。登録されたMacのモデルIDは、「パーソナルコンピュータモデル」のA2615とA2686、「ポータブルパーソナルコンピュータモデル」のA2681、合計3種類。いずれもmacOS 12が動作する。

各デバイスの詳細は不明だが、一部で噂されているM1チップ搭載の13インチMacBook Proを置き換える新モデル(M2 MacBook Pro)や、新型Mac miniが近日中に発表される可能性がある。

EEC New Macs coming soon 01
EECデータベースのスクリーンショット(日本語翻訳)

EEC New Macs coming soon 02
EECデータベースのスクリーンショット(日本語翻訳)

Appleは先日、未発表のiPhoneとiPadをユーラシア経済委員会(EEC)のデータベースに登録していたことが判明。登録から製品発売までの期間はまちまちだが、概ね3カ月以内に発表されることが多い。

MySmartPriceによると、モデルID「A2615」を持つデバイスは現在、インドで実機テストが行われていると指摘している。詳細は明らかにしていない。

Bloombergの名物記者Mark Gurman氏によると、Appleは3月8日にスペシャルイベントをオンライン開催する予定だ。デザイン変わらず5G対応と性能アップが特徴の「iPhone SE 3」、デザイン変わらず5G対応、性能アップ、内向きカメラの改良が特徴の「iPad Air 5」の発表に加え、新型Macが登場すると予測している。

公開情報
更新日2022年03月03日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索