Apple、将来的に「MacBook Air」の値下げを示唆

MacBook Air 2018 Review 16

Appleが開催した年次株主総会にて、CEOのTim Cook氏は、MacBook Air」の価格を値下げすることを目標としている、と語っていたことが明らかになった。

また、Apple Watch」および「AirPods」に関連する素晴らしい製品のロードマップがあると言い、Apple Watch」にはより多くの健康関連機能が実装されることも示唆した。

Apple Watchにも新たな健康機能の追加を示唆

MacBook Air 2018」はRetinaディスプレイ、「Thunderbolt 3」ポートを2基、「Touch ID」などを搭載し、旧モデルから大幅に性能が向上しているものの、価格は36,000円も値上がりし、134,800円からに。

Macを使用するマジョリティの人が満足できるパフォーマンスが9万円台から購入できるということが「MacBook Air」の強みの1つでもあったが、最新モデルではその魅力が失われてしまった。

具体的にいくらまで値下げするのかについては明らかになっていないが、旧モデルと同レベルまで値下げされればより多くの人が手を出しやすくなると予想できる。

Cook氏はAppleのポジションやこの先の展望について、「これ以上に楽観的になれたことはない」と語り、アッと驚くような新製品に向けて種をまいている段階であると説明。

また、2016年に掲げた「サービス」部門の売上を2020年までに2倍にするという目標に向かって順調に推移していることを強調していた。Appleは3月25日にスペシャルイベントを開催すると噂され、定額購読型ニュースサービスおよび動画ストリーミングサービスを発表すると予想されている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索