macOS Catalina:「Dashboard」が廃止

通知センターウィジェットの前身、14年間の歴史にピリオドを打つ

End of dashboard 01

macOS Catalina」では「Dashboard」機能が廃止されていることが明らかになった。

「Dashboard」は2005年にリリースされた「OS X 10.4 Tiger」で初めて実装された機能。キーボードショートカットを設定しておけば簡単に電卓やシステム情報、カレンダーやメモ帳などのウィジェットにアクセスすることができ、今で言う通知センターの前身的存在だった。

2014年にリリースされた「OS X Yosemite」では機能としてデフォルトで無効化されていたものの、「macOS Mojave」である今でも機能としては残っている。

End of dashboard 02 2

macOS Catalina」では18年も続いた「iTunes」が事実上廃止されるが、「Dashboard」も14年間の歴史にピリオドを打つ。

(via MacRumors

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「macOS Catalina」新着記事
トレンド検索