Microsoft、9型未満のデバイス向けにWindows無償化を発表!Xboxの奇跡をもう一度!

Windows free for devices

ハードウェアメーカーにとって朗報、ユーザーにとっても朗報。Microsoftにとってはどう出るか。

現地時間4月2日に実施されたMicrosoftの開発者向けイベント「Build 2014」にて、OEMとODM向けに9型未満のディスプレイを搭載したWindowsスマートフォンおよびWindowsタブレットにOSを無償で提供することを発表した

Microsoftにとってかつてない、大規模な方向転換!

OSの無償提供 ー かつてのMicrosoftでは考えられないような、大規模かつ大胆な方向転換だ。

元々完全に無償で提供されているGoogleのAndroidとは違い、Microsoftは携帯電話1台につき8ドルから15ドルのライセンス料を徴収していた。Cnetによると過去に「Xbox 360」の価格を値下げして大きく成長した実績もあることから、同様の戦略で成功を収めることができるかが注目される。

正直、何が起きようともう二度とWindowsパソコンを使いたいとは微塵も思わないが、Windows PhoneはiOSやAndroidとはまた違った操作性やデザインに惹かれる部分がある。後発であることもありツートップに押され気味ではあるが、今回OSを無償化したことによってメーカーの新規参入に期待したい!

Microsoft、「Windows Phone 8.1」を正式に発表!Siriに対抗する音声アシスタント「Cortana」を搭載! | gori.me(ゴリミー)

(via PC Watch

FOLLOW / 最新情報を購読