Microsoft、人気キーボードアプリ「SwiftKey」を2億5000万ドルで買収

SwiftKey

キーボードアプリの技術というよりも人工知能の技術を得ることが買収の目的らしい。

FT.comによると、MicrosoftはiOSやAndroidで人気のキーボードアプリ「SwiftKey」を2億5000万ドルで買収すると報じている!同社に所属する150人の社員は「Microsoft Research」社に移る予定。

「SwiftKey」は両プラットフォーム合計で3億ダウンロードを突破。指をなぞるようにするだけで素早く文字入力ができる斬新な操作性が話題となり多くのユーザーを獲得したものの、マネタイズには苦戦していた模様。

Microsoftが今後「SwiftKey」アプリをどのようにするかは明らかになっていない。

MicrosoftのiOS用キーボードアプリ、斬新な片手入力モードを搭載

「Surface Book」は13インチ型MBPrより”2倍以上パワフル”ではない


(via 9To5Mac