Appleの「iWatch」は「今までで最もパーソナルなデバイス」になる?!カーブ型ガラスを用いたコンセプトイメージも公開

iWatch
今まで以上に僕らの生活に密着するデバイスになるか?!

Appleの元幹部Jean-Louis Gassée(ジャン=ルイ・ガセー)氏によると現在噂されている「iWatch」は「今までで最もパーソナルなデバイス」になるとコメントしている!これは一体…?!


「パーソナルコンピューター」を作り続けてきたアップル

これまでApple製品の主軸は生活に密着する「パーソナルコンピューター」デバイス。各種MacからiPad、そして僕らの日常に欠かせない存在となっているiPhone。Apple TVやiTunes Store、各種ソフトウェアやリアル店舗であるApple Storeはそのパーソナルなエクスペリエンスを実現するためのツールであるとGassée氏は位置づけているようだ。

iPhoneは四六時中持ち歩いている。これまでのデバイスで最もパーソナルなデバイスであることは間違いない。同氏の見解によると、Appleが開発している「iWatch」はiPhoneの正嫡密着度を上回る、「今までで最もパーソナルなデバイス」になると予想している。単にiPod Nanoにリストバンドを付けたような製品にはならないそうだ。

iPhone以上にパーソナルなデバイスとは…?!誰もがそう思っているだろう。イギリスの新聞「The Observer」が新たなコンセプトイメージを出していたので紹介する!

iWatch image 【img via MacRumors

ロックスクリーンや各ボタンの配置からiPhoneをベースとしていることは明確だが、現時点で最もパーソナルなコンピューターがiPhoneだとすれば「iWatch」はiPhoneの延長にあると考えてもおかしくない。

個人的には他のデバイスとの連動に加えて、常に腕に付けていることから健康状態を管理する機能が搭載されるような気がするな!

(via MacRumors

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告