Apple Cardは100%チタン製ではなく、アルミが10%含まれていることが判明

「だから何?」以外の感想が出てこない検証結果(そういうの好き)

Apple Card Image

Apple Card」のチタン製物理カードは本当に100%チタンなのか。そもそも100%チタンではないことを疑うことさえも思いつかないが、Bloombergがカルフォルニア大学とバークレーの教授を務める鉱物学者のHans-Rudolf Wenk氏に検証を依頼。

Wenk氏は提供された物理カードを走査型電子顕微鏡(Scanning Electron Microscope、SEM)で原子構造を検証した結果、チタン100%ではなく、90%であることが判明残る10%はアルミニウムであることが分かった。

それを知ったからって何だって?何にもないよ。Appleも100%チタン製なんて一言も言ってないので90%でも問題ない。

Apple Card」のチタンカードは取り扱い方法が繊細すぎると話題にになり、早々に専用のスキンシールが登場していたが、ついにはApple Cardを持ち運ぶための超高級ケースが登場してしまった。一体誰が買うんや……!

ストーリータイムライン
7本の記事を表示する
関連情報
コメント(7件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがり

    そろそろアップルカードのアップデート情報をまとめていただけたら泣いて読みます!泣

    まだですかねー…

  2. ぽい

    高純度のチタンは加工が難しいんです。

    1. g.O.R.i

      へーーーーなるほどー!!!!!それを踏まえた上で、90%のチタン純度は高いんですか??低いんですか??

      1. ぽい

        多くのチタン製品は混じり物が入ってますね。
        あと、連投してしてしまいました。ごめんなさい。

        1. g.O.R.i

          余裕です、こちらでコメント調整しておきました!そう考えると90%の濃度は結構高いのかもしれないですね……!

  3. 通りすがりの読者

    100%チタンなんてものは存在しない

    1. g.O.R.i

      そもそも無理なんですか!!!!!

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索