App Store、2015年2月以降は64bitのサポートと「iOS 8 SDK」の使用を必須条件に

iOSアプリ、64ビットコーディングを必須へ 【img via iOS 8 icons by microsiervos

アプリデベロッパーは必見だ!どうやら来年の2月からはApp Storeへ申請できるアプリの条件が少々変わるようだ。

9To5Macによると、2015年2月以降に申請するアプリは64bitをサポートしていることiOS 8 SDK」を使用することが必須条件に変更されたと報じている!

2015年2月1日以降に申請するアプリは要注意

iOS 8 SDK」の使用を必須とするのは驚くことでもない。「iOS 7」の時にも同様の対応を必要とされた。

64 bit and ios 8 【img via 9To5Mac

これまでとは違うのは、64bitに対するサポートを必須としたこと。これまでは32bitアプリとして申請するのか64bitアプリとして申請するのかはデベロッパー自身が選択することができたが、2015年2月1日以降は選ぶ余地が無くなる。オウマイガー!

新規でアプリを開発している場合、今後のことを考えて今のうちから64bit対応をしておいた方が良いだろう。機能の追加やバグフィックスのためにアプリをアップデートする場合においても、来年の2月以降は64bitに対するサポートが必須条件となる。

アプリデベロッパーの皆さんは64bitサポートの工数が増えることを念頭に置いておくべし!

(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告